スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制振・静音・断熱作業 【フロントドア編】

制振・静音・断熱作業の第二弾はフロントのドアを施工します。


オーディオの世界ではデッドニングは重要で音の向上に効果的な作業のようですが、我が家ではLinoの中では音楽は殆ど聞きません。

ですのであくまで制振・静音・断熱の向上が目的です。




01DSC06996.jpg

まずはドアの内貼りからはずしていきましょう。

取り外し自体はビスを3本外すだけなのでとても簡単。














02DSC06999.jpg

ビスを外して下から内貼り剥がしを使ってバカッと外し上に持ち上げると簡単に外れます。


サービスホールがガバッと開いているのかと思いきや金物とプラスチックの蓋が付いていました。










03DSC07001.jpg




06DSC07004.jpg


サービスホールの蓋を外してみるとやはり中はガラ~ン。

音が良く響きそうです(笑)











07DSC07005.jpg


サービスホールから手を入れて手が届く範囲でアウターパネルに制震材を張り付けていきます。












04DSC07002.jpg

純正のスピーカーはリベット止め。

今回はスピーカーは交換しないけど中に制震材を張りたいのでリベットをドリルで削って純正スピーカーを取り外します。
















05DSC07003.jpg

スピーカー部の穴からも結構手がはいるので制震材を張りこんでいきます。















08DSC07007.jpg

一応スピーカーの裏側には制震材をビッシリと張りつめ、














09DSC07008.jpg

多少なりとも音が良くなるかなと思い、一応制震材の上に吸音材を張っておきました。


純正スピーカーはボルト・ナットを使って再度取付けます。















10DSC07009.jpg

アウターパネルの制震が終わったところでサービスホールの蓋とスピーカーを取付けてアウターパネル面は作業終了。


次はインナーパネルに制震材を張っていきます。











11DSC07012.jpg

そして制震材の上からインナーパネル用の制震材を張っていきます。

サービスホールの蓋も外す事はないだろうから思い切ってまとめて張ってしまいました。

外す必要がある時はカッターで簡単に切れるしね。

ヒートガンを使ったら簡単に凹凸に馴染んで張ることができました。

これでインナーパネルの作業も終了。












12DSC07014.jpg

最後は断熱目的で内張りの内側に東レのペフを張っていきます。

暑がりの妻と凛の為に助手席側はしっかり張っておきました(笑)



内張りを元通りに取り付けて作業は全て終了です。

ドアを閉めると、今までのバ~ンという音からドンという重い音に変わりました。

アルファードの時より高級感のある音になった気がする。

ドアを開け閉めするたびにニヤッとしてしまいそう(笑)


スピーカーは純正のままなので劇的に変わった感じはしないけど、音がクリヤーでよく聞こえるようになった気がします。

全ての制震・静音・断熱作業が終わったらスピーカーを交換してみようかな。



今までの作業で今月は小遣いを使い切ってしまったので今月の作業は終了(笑)

来月に入ったらスライドドアとリヤドアを施工してみましょう。

エンジン廻りは材料を揃えるのに結構コストが掛かりそうなので材料が揃ったら一気にやります。


やらないなら全くやらない。 やるなら徹底的に・・・がモットーなので(笑)



それにしてもこの手の作業は始めてみると結構面白い(天井は嫌だけど・・・)

見た目は全く変わってないんだけどね(笑)


スポンサーサイト
プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。