スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一生物のバイク

気が付くとずいぶん長いことブログを放置しておりました(^^;

7月からちょっと熱中してやっていた事がありまして。

Linoをイジる余裕も、ブログを書く余裕もありませんでした。

その話しはまたいずれ。




まもなく迎える50歳を機に思い切ってバイクライフを変えてみる決心をしました。


私は物に対して思い入れが強過ぎる人間なので、一度手にした物はなかなか手放せません。
(VEZEL除く・・・笑)

オートバイも同じで、走ってきた事全てが良い想い出で、走った分以上に綺麗に磨きこんでやりました。

そんな愛機を手放すのは寂しいのですが、これからの人生どうしても乗りたくなったバイクが現れてしまいました。

複数所有の維持費等、経済的な問題も理由の一つです。





今回手放す決心をしたのは・・・。


01DSC06196_20151104102651a57.jpg

1999年式 HONDA CB1300SF 

最初に購入した大型バイクで、16年間大事にしてきました。

とても乗り易く、エンジンの力強さと相まって大型バイクを操っている醍醐味が十分に味わえます。

乗り易過ぎるが故に『面白くない』、『バカちょんバイク』などと言われたりもしますが、バイクの基本を叩き込むには最高のバイクです。

隅々までピカピカで、正にコンクールコンディション。

ホンダコレクションホールに展示して欲しい位です(笑)



そしてもう一台。

01DSC084871_201511041026513a1.jpg

2004年式 BMW K1200GT

ツーリング専用として11年間所有。

Linoを購入して以来出番が無くなってしまいましたが、Lino購入以前はコイツで日本各地を走りまくりました。

『 癒しK 』とも言われる縦型エンジンは最高のフィーリング。

極低速ではガシャガシャとやかましいエンジンが、高速道路では振動も無くまったりとそして力強く走ります。

最高のツーリングバイクです。



この2台はとても重量級バイクで、CB1300SFは車重273kg、K1200GTに至っては300kg以上あります。

そりゃ~もう押して動かすだけで大変ですよ(笑)

倒れても起こせますけどね。


身体が小柄な分、股下で大きなバイクを操る感覚が大好きで、あえてデカイバイクを選んで乗っていました。

しかしながら、20歳の時にバイク事故で痛めた左手(手術4回)の後遺症により、現在左肘・左肩にまで痛みが出てきてしまっています。

なので、軽くて気軽に乗れて新たなバイクライフへと導いてくれる様なバイクを探しておりました。



そんな時にふとネットで目にしたのが下記のバイクです。




s-961①

ノートン コマンド 961 Sport 

知ってる人少ないでしょ(笑)

英国のノートンです。




s-961②

s-961④

961cc二気筒エンジン。

クラシックなデザインに、脚回りは前後オーリンズサスにブレンボのブレーキ。


練馬区にディーラーがあるので早速見に行って来ました。



s-IMG_1409.jpg

これぞ正に一生物のバイク。。。

そんな感じをビンビンに受けました。



決めた、50代はコイツで走ろう。。。。


最後のバイクはこれしか無い。。。



直感です(笑)



しかしながら車両価格が物凄い。

さすが英国車(^^;


2台の売却は決めたものの、そう簡単には購入出来ません。

Linoのローンも3年少々残ってるし・・・。

しかしLinoにはもう改造費は掛からなさそうなので、小遣いで長期ローンを組めば何とかなるか。。。

あとは優しい奥方の融資を期待しましょう(笑)







s-961③

こいつがどんなバイクライフを味わわせてくれるか楽しみです。


スポンサーサイト
プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 5歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。