スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラウンジシート上部木目パネルの再製作

以前製作した、ラウンジシート上部木目パネルを作り直しました。



0_20141219230511300.jpg

以前作ったパネルには、当初、リアエアコン可オートコントロールユニットのコントローラーを取り付けていました。







00_20141219230510b9d.jpg

しかし、オートコントロールユニットを使ってみると、やはり運転席にコントローラーがあった方が便利だと感じ、フロント側に移設。





000_20141219230510fdb.jpg

コントローラーの開口部はメクラ板で塞いでいましたが、新たにバッテリーモニターを取り付ける為に再製作を開始しました。





01DSC05754.jpg

合板を貼り合わせてパネルの下地を製作します。

照明スイッチやバッテリーモニターの開口は予めしておきます。





02DSC05755.jpg

木目パネルを取り付ける部分に養生をして、スプレーのりを吹いてビニールレザーを張り付けます。






03DSC05757.jpg

ビニールレザーを張り付けたところです。






04DSC05762.jpg

端部や開口部を巻き込んでいきます。





05DSC05763.jpg

木目パネルは、薄いベニヤ板にダイノックシートを張り込んで製作します。

周りはすべて裏側まで巻き込んでいます。







06DSC05797.jpg

ビニールレザーを巻き込んだ部分に嵌め込んで接着します。

こうする事によって、レザーとダイノックシートの両方が押さえ込まれて剥がれなくなります。






07DSC05769.jpg

照明スイッチ部分は巻き込まず、開口面でカットします。






08DSC05770.jpg

中央のバッテリーモニター部は、バッテリーモニターを埋め込んで取り付けるので、レザーは巻き込んで張ります。






09DSC05783.jpg

こちらが今回購入したBM-1 コンパクトというバッテリーモニターです。





10DSC05787.jpg

このバッテリーモニターは、通常は面付けで正面からビス止めとなっています。

その為、モニターの厚みがそのまま出っ張ってしまいます。

ちょっとこれでは美しくないな・・・と思い、パネルに埋め込む事にしました。






11DSC05788.jpg

バッテリーモニターに合わせて穴を開け、レザーを巻き込んだ所に裏側から嵌め込みます。






12DSC05779.jpg

出っ張り具合もかなり少なくなり、収まりがよくなりました。






13DSC05790.jpg

バッテリーモニターの裏側です。

パネルの裏面と平らにしています。

正面からビス止め用の穴があるので、後ろからパネルに向かってビス固定します。





14DSC05801.jpg

とりあえずパネルの再製作は完了です。


そのうちバッテリーモニターの配線作業を行うとしましょう。。。




スポンサーサイト
プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
まつ毛育毛剤通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。