スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オートクルーズは大変便利でした

富山行きの前に急遽取り付けを終わらせた、オートクルーズ PIVOT 3-drive・REMOTE 。


取付け自体は難しい物では無く、インテリアーパネルを外してナビ裏の車速信号さえ取り出せれば簡単です。

別売りの車種別専用ハーネスとブレーキハーネスを使用すれば、アクセルとブレーキ部はカプラーオンです。

嫌なのは余分な配線の処理ですね。。。

見えない様にまとめるのが鬱陶しい(笑)





DSC04129.jpg

コントローラーの取り付け位置に悩みましたが、考えた挙句シフトレバー右側のこの位置に決定。(画像中央)




DSC04126.jpg

何故こんな中途半端な位置に付けたかというと、ステアリングの隙間から走行中にコントローラーの表示が見えるから(笑)

シフトレバー上部のインテリアパネルに接着しても良かったんだけど、インテリアパネルの脱着の際外さなくてはならなくなるのと、なるべく普段視線に入らないようにしたかったのです。

この位置なら、さほど視界には入らず、見たい時だけステアリングの隙間から表示が見えるし、ボダンを操作するのも楽でした。





DSC04132.jpg

リモートスイッチはワイパーレバーの先端に取り付け。




DSC04138.jpg

ステアリングから手を離さずにセット・加速・減速・復帰・解除の操作が出来ます。





富山往復840kmをオートクルーズを使用したインプレッションなど。


一言で言うと・・・・最高です。やめられません(笑)



まず、素晴らしいのはその操作性。

ワイパーレバーに取り付けたリモートスイッチはとても操作し易く、ステアリングから手を離すこと無く簡単に操作可能です。

通常走行からオートクルーズを設定する場合にはリモートスイッチの▼SETボタンを押すだけ。(30km/h~140km/h)

これだけでオートクルーズ開始となります。

コントローラー本体に触れる必要はありません。

オートクルーズ中の加速・減速も全て▼SETと▲RESを押すだけ。

ピッという音と共に、そのクリック感も良い感じです。



またオートクルーズ自体の制御もなかなか素晴らしかったです。

上り坂 ・下り坂でも速度が変わることなく、メーターを見ていても本当に車速が一定のまま走行してくれます。

登り坂でスピードが落ちてから加速、下り坂でスピードが上がってから減速、等という事がありません。

さすがに急な登り坂では、シフトダウンが行われ、一旦回転数がグンと上がり設定速度を超えると急に減速する状況もありましたが、概ね不満はありませんでした。

なによりステアリングを握ったままで全てのオートクルーズ操作が出来るのが良いですね。



ジャンクションでの分岐・合流でも、分岐300mくらい手前で▼SET長押しでオートクルーズ解除。

惰性で減速しながら分岐車線に入りコーナーを曲がる。

コーナー途中で▲RESを押すと、設定速度に復帰しようと加速開始。

加速しながら本線に合流して設定速度になるとそのままオートクルーズ走行に。

この間も、アクセル・ブレーキは一切操作せず。

左手中指だけで済みました(笑)



深夜と午前中の交通量が少ない時間帯ばかり走っている私は、料金所とSAの進入・脱出くらいしかアクセル&ブレーキを踏まなくても良さそうです(笑)


そうそう、オートクルーズ走行では燃費も良くなるのが嬉しいです。

登り下りの多い上信越道で9.0km/L走ってくれました。

最近は8km/Lちょいしか走ってくれていなかったので。。。

平坦な新東名とかだともっと伸びるかもしれませんね。

グランドエフェクターを取付けていると、燃費も落ちるようなので助かります。



これは本当に高速道路を使った一気走りが楽になりますね。

欲を言えば、前車を追従するレーダークルーズコントロールだと最高なんだけど(笑)





オートクルーズ機能の他にスロットルコントローラー機能がありますが、こちらもなかなか面白いですね。

ノーマルモードの他に、スポーツモード(7段階)・レスポンスモード(5段階)・エコモード(5段階)とありますが、それぞれ変化は感じ取れます。

ノーマルモードで一定速走行中に、スポーツモード・レスポンスモードにするとエンジン回転数が上がり、エコモードにするとエンジン回転数が下がります。


色々試して、私は普段レスポンスモード(5段階)のうち3段目のrP3にセットしています。

ノーマル状態にに比べて低中速での回転のピックアップが良く、スタートや交差点を曲がった後の加速が少し早くなります。

ま、実際のアクセルの踏み込み量よりも多く踏んでいるとコンピューターに信号を送っているだけだから、実際のエンジン特性が変わるわけではないんだけどね。

今までよりアクセルを踏み込まなくても、より踏んだ状態の回転となってくれるので体感的には車が軽く動いてくれる感じがします。

そのぶん燃費は悪くなりそうですけどね。

エコモードは私は使わないかな。

今よりトロくなるのは嫌なので(笑)

出来ればスーパーチャージャー取付けたいと思っているくらいですから(笑)





スポンサーサイト
プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。