スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VEZEL リコール

6月初旬に納車になって以来、不自然さを感じていたVEZEL君。



01DSC03189.jpg


案の定7月11日にリコールのお知らせがあり、早速ディーラーにて処置して頂きました。

やっぱりおかしかったんだね。

自分がクレーマーで無いと判ってホッとしています(笑)


今回のリコールの内容は、『エンジン制御コンピューター(ECU)のプログラムが不適切なため対策プログラムに書き換え』

との事でした。


プログラム書き換え作業が終わった車を引き取って帰る時に、直ぐに以前との違いが分かりました。

ギア切り替え時、坂道等での発進時のタイムラグがかなり減って、自分の感覚にかなり近い感じでスッと出るようになりました。


嬉しかったのが、40~60キロ辺りで一定速度走行中に、エンジンが止まりEV走行に切り替わる時の挙動の改善。

以前はエンジンが止まりモーターに変わる時に変な減速感があり気持ち悪かったんだけど、それがほぼ無くなりました。

メーターのEVインジケーターを見ていないと気がつかないレベルになりました。


その代わりEV走行の割合が少し減った感じがします。

(これに関してはもう少し走って見ないと何とも言えませんが)

燃費にも多少影響があるかもしれませんが、改善後の方が気持ち良く走れるのでOKです。


先日の記事で、『もし私が開発責任者だったら、この状態では市販GOは出さない・・・』 と書きましたが、

これなら、とりあえずGOが出せる状態になりました(笑)


ディーラーにて車を受け取って帰る時に工場長さんに、『今の車って、直すのにスパナは要らないんですね』と言ったら苦笑いしていました(笑)

データーのアップグレードで不具合が直るのなら、発売前にしっかりとデーターを検証しておいて欲しいとメーカーさんにはお願いしたいですね。














スポンサーサイト
プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 5歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。