スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三脚用ホルダー製作

スライド・ラゲッジフロアは部品がまだ揃わないので置いといて、三脚用のホルダーを製作しました。


01DSC09908.jpg

前回の画像の流用ですが、Linoのラゲッジの左側にはギャレー用の家具があります。

何気にラゲッジで一番物を入れるのに便利そうに(笑)



02DSC09913.jpg

シャッター扉を開けると、中には折りたたみ式のギャレーと給排水用のポリタンクが入っています。

残念ながらこの状態では収納庫としては使えそうもありません。


実は、Linoの装備の中で唯一全く使用していないのがこのギャレーであります。

納車して2年7ヶ月経ちますが、ポリタンクに水を入れた事すらありません(笑)

もともと車の中では水を使うつもりは全く無かったので、この折りたたみ式ギャレーもLinoの気に入ったところの一つなのです。

おそらく今後も使う事は無いでしょう。



03DSC09921.jpg

という事で、ポリタンクの撤去決定(笑)

禁断の給排水撤去(^_^;)

キャンピングカーには有るまじき行為ですね(笑)

でも使わないからいいんです(笑)



ポリタンクを出すだけでスペースに余裕が生まれます。

流石にステンレスシンクまでは外しません(笑)


このポリタンクをどかしたスペースに三脚を置く事に決定。

早速作り方をイメージして家具の有効スペースの寸法を実測。




04DSC09945.jpg

出来上がったのがこちらの品物。

簡単な作りですけどね(笑)

内側は全てタイルカーペット貼りにしてガタツキを防止します。

三脚固定用のベルトを取り付けて完成です。



05DSC09927.jpg

収納する三脚はこの三本。

三本同時に使ったり、使用状況によって使い分けたりとLinoには常備品です。


06DSC09936.jpg

三脚ホルダーを家具内部に固定する為に、天板の下と地板にM6の鬼目ナットを打ち込みます。



07DSC09953.jpg

三脚ホルダーを家具に入れて、M6の化粧ネジで固定します。

有効寸法を稼ぐ為に、シンクの排水口の出っ張り分穴を開けました。

ついでに排水口のネジをホルダーの固定にも使っちゃいました。



08DSC09961.jpg

三脚三本がピッタリと納まりました。

ホルダー内部がタイルカーペットなので、ベルトで締め付けるとガタツキも無く良い感じです。

イメージ通りだね^^




09DSC09964.jpg

ホルダーの後ろにはシンクの深さの分隙間が出来るので、レジャーシートや軍手・雑巾等々が入れられます。



10DSC09969.jpg

家具内部の右脇には、非常用の三角表示板をロックファスナーで固定しました。

荷台に荷物が満載でもスライド扉を開ければ直ぐに取り出せます。



三脚がここに入ってくれるだけでも、ラゲッジの活用方法が楽になります。

化粧ビス4本で固定しているだけなので、車検の時などはドライバー1本で2分あれば外せます。

念の為、ポリタンクはラウンジシートの下に入れておこうかとは思っております。




スポンサーサイト
プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
まつ毛育毛剤通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。