スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイレントインナーカバー取付け

7月に入手していた伊藤自動車さんのサイレントインナーカバー。


00_20131006204746161.jpg

001_20131006204745afd.jpg

素材はFRPで表面はアンダーコート塗装にて防音処理されています。

カバー裏面(ボディ側)にはウレタン防音スポンジが貼られ、車内へ入るタイヤロードノイズを低減してくれます。

涼しくなったら取り付けようと思っていたけど、購入後2ヶ月半も経ってしまいました(^_^;)

今年の夏も凄く暑かったし、仕事も忙しかったからね。

本当は、自分で取り付けするのが少し面倒になっていて、ユーアイビークルさんで「取り付けしますよ♪」と言って頂いたので、お願いしちゃおうかと思ってたんだけどね(笑)

雨も殆ど降らなかったし、時間も取れたので、思い腰を上げて取り付けました(笑)





01DSC09508.jpg

まずは助手席側をジャッキアップしてタイヤを取り外し。

タイヤハウス内を少し掃除してから始めます。


インナーカバーをタイヤハウス内にはめ込んで、数カ所固定すれば完了です。

しっかり型取りされて製作されているので、形状はなかなかピッタリでした。




02DSC09533.jpg

フロント側はボディに5mmのキリで下穴を開けて、付属のビスで2ヶ所固定します。




03DSC09512.jpg

リア側は車両の既存の穴にクリップで固定しますが、カバーの穴が少しズレていたので、キリで穴を広げる必要がありました。




04DSC09527.jpg

中央部は、平ゴムを固定している標準のクリップを外し、ボルト・ナットで挟み込みます。





05DSC09546.jpg

形状はピッタリなので、変な隙間やガタツキはありませんでした。




06DSC09538.jpg

助手席側の取り付けが完了したところです。

ボルト頭は後で黒く塗装しておきました。




07DSC09560.jpg

タイヤを取り付けジャッキを下ろした状態。

ハッキリ言って誰も気づいてくれないパーツだと思います(^_^;)





08DSC09568.jpg

続いて運転席側を作業しますが、運転席側には邪魔なレゾネーターが取り付けられています。

タイヤハウス内汚れてるね(^_^;)





09DSC09571.jpg

レゾネーターを一度取り外し、レゾネーター固定用のボルトを使って共締めします。

インナーカバーの厚み分だけレゾネーターが下がりますが、問題は無さそうです。





10DSC09592.jpg

11DSC09602.jpg

インナーカバー取り付け後、ハンドルを左右に目一杯切った状態です。

前後ともクリアランスは10〜15mm程あり、接触の心配は無さそうです。



さて、取り付け完了後、走って見たインプレッションとしては・・・

このパーツ、かなり効果あると感じました。

一言で言うならば、タイヤを1〜2ランク静かな物に替えた様な印象です。

荒れた路面での「ザー」とか「ゴー」という低周波の音は聞こえてきますが、かなりマイルドになっています。

普通に走っている状態での「シュー」や「サー」という高周波のタイヤのパターンノイズは、かなり聞こえなくなりました♪

「タイヤも、今のノーマルのままでいいや」と思えるくらいです。

高速走行時や雨天走行時だともっと効果を感じられるんじゃないかな。




スポンサーサイト
プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。