スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原点回帰

風が気持ち良く、バイクに一番良い季節となってきました。

台風一過の青空の下、ここ数日フォルツァ(250ccスクーター)で通勤しています。

バイクに乗っていると、もう秋を感じますね。


s-01_20130918142554705.jpg



たまにはツーリングにでも、と思いますが、現在の愛車達の状況は・・・。

 
 ◎ CB1300SF  ・・・・車検切れ
 ◎ K1200GT   ・・・・車検切れ
 ◎ CBR600FS ・・・・保安部品無し(サーキット専用)
 ◎ フォルツァ   ・・・・出動可能
 ◎ Dioチェスタ ・・・・出動可能(妻のスクーター)

と言った具合で、スクーターしか動かせない状況です(^^;

フォルツァは完全実用重視仕様となっていまして、


s-76.jpg

夏はメッシュシートカバーでお尻がス~ス~と気持ち良く、




107.jpg

冬はロングスクリーン&サイドバイザー&ハンドルカバーで風を避けて、


91.jpg

ヘラーソケット取り付けにより電熱ベストが使用できて温く温くであります。



108.jpg

ETCも取り付けてあるので中距離までなら充分に使用でます。
(長距離は流石にチト辛い)


しかし、久しぶりにフォルツァを使って見て思うのは、やはり大きすぎず軽くて小回りが利くのはいいな、と言う事。

持て余す事が無いので、ただ単に乗っていて楽しいという事です。



改めて考えると、この『ただ単に乗っていて楽しい』という事が非常に重要だと思えます。

私は身長が低いので、車やバイクは昔からやたらと大きいものに憧れる癖がありました。

チビでも大きなバイクを自由自在に操れるんだぞと(笑)

CB1300SFも大柄な車体で、K1200GTに至っては車体重量も300kgを越し、押し引きすら大変です。

その分、高速道路を使って遠出すると絶大なる安定感と安心感で何処までも走り続けていられます。

1日のツーリングの走行距離が500kmではまったく物足りない位。。。

しかし、このデカいバイクで出掛けるには、しっかりとしたバイクジャケット・ライディングパンツ・グローブ・シューズと一通りの装備が必要となります。

必要・・・という訳ではないのかもしれないけど、やはり安全の為にしっかりとした装備をして出掛けます。



それがですね、段々と重荷というか億劫になってくるのですよ(^^;

バイクってこうだったかな~?

バイクってもっと気軽なものだったんじゃないのかな~?

と、自問が始まりました。

ここ数年、全く走らなくなってしまったのはLinoを購入した事だけでなくこんな感じもし始めていたんですね。

そして、久しぶりに小さいバイクで出掛けると『ただ単に乗っていて楽しい』という事を思い出させてくれます。

決してデカいバイクが『楽しくない』のでは無く、小さなバイクは『気軽に楽しい』って事なんですけどね。

もちろんデカいバイクを乗りこなしてきた自信もあります←自信過剰(笑)


16歳で学校に内緒で免許を取り兄貴のバイクに乗り始め、ライディングの事など何も知らず又考えず乗っていたあの頃。

50ccで友人とわいわいガヤガヤと一般道で房総半島を一周廻った初ツーリング。

あの頃のバイクはまさに『ただ単に乗っていて楽しい』だったですね。

若かったからね(笑)

それに大きなバイクに乗ってると、正直カッコつけちゃうところあるし(笑)



よくよく考えて見ると、今まで乗ってきたバイクの中で一番楽しく自分に合っていたバイクというのは、

XV16.jpg

これかもしれないね。

ビラーゴ250というバイクです。

このバイクを買ったきっかけは、社員旅行で宮古島に行った時に、仲間とレンタルバイクを借りて7~8台で島を一周した事です。

私は250ccのアメリカンバイクを借りて走ったのだけど、メチャ楽しかったのです。。

海パンにTシャツでトコトコ走り、綺麗な海辺を見つけてはそのままドボン。

走っているうちに乾いてきて、また次の海辺でドボン。

綺麗な海岸線を眺めながらバイクを走らせているのは最高に楽しかったです。

今まで250ccとかアメリカンタイプのバイクには全く興味が無かったけど、何にもカッコつけず、気軽にトコトコ走れる楽チンさは『ただ単に乗っていて楽しい』でありました。

もちろん、宮古島というロケーションに依るところが大きかったんだけどね(笑)

そんな事もあり、旅行から帰って直ぐに中古車を探してこのビラーゴを購入したのでした。


ビラーゴは街中でも楽しく、アクセル目いっぱい回しても速くないし、両足がべたっと付いて動かせる軽さは最高でした。

7年落ちを購入して4年間乗りましたが、不調になり現在のフォルツァに乗り換えました。

今でもまた購入してみたいバイクNO.1であります。


そんなこんなで、大きいバイクで走って来たけど、小さく軽く・気軽に振り回せるのがバイクの楽しさの原点かな?と再確認しております。

キャンピングカーも、今はハイエースのスーパーロングに乗っていてハイマー等のデカい車に憧れているけど、歳を取って自分一人での遊びだったら、もしかしたら軽キャンが一番機動力があって良いのかもしれないね。


でも小さい物の良さを感じるには、一度デカいのにも乗ってみなきゃね(笑)← そこかい(^^;


スポンサーサイト
プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。