スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・クールの車内常設化④ (排気ダクトウィンドウの仮組)

ラ・クール購入後、初めてLinoに載せて見ました。


01DSC094461.jpg

やはり段ボール模型より大きくこの時点で窓枠ギリギリです。




02DSC09461.jpg

室外機と室内機を繋いでいる配管が微妙に邪魔です。。。




03DSC09450.jpg

テーブルを対座モードにしてもパイプ脚との干渉は無し。

ギリギリであと15mmスペースを稼げるかな。


とりあえず本体が無事に置けたところで、排気ダクトウィンドウの仮組に入ります。

04DSC09462_20130717100754.jpg

黒のポリ合板をスモークアクリルの代用として嵌め込み、カークファン取り付け用の穴を開けます。





05DSC09464.jpg

カークファンを取り付けます。

配線処理はまだしておりません。




06DSC09468.jpg

外部面は市販のダクト部品を加工して取り付けています。




07DSC09470.jpg

排気ダクトウィンドウをセットしたところ。

カークファンの位置はラ・クールの排気口に合わせています。




08DSC09474.jpg

アタッチメントをカークファンに取り付け。


ラ・クールに取り付ける排気ボックスは現在金物屋さんに発注中で、今週中には出来上がってくるかな。

とりあえず段ボールで代用してセッティングです。




09DSC094821.jpg

サイドボードを考えなければこの状態が車内使用時の状態です。




10DSC094831.jpg

もちろんセカンドシートが前向きでもセッティングOK。

ラ・クールが肘置きにちょうど良い高さだったね(笑)

バッテリー交換に伴いインバーターを一度外してしまっているので、車内での使用はまだ出来ません。



11DSC094881.jpg

使わない時は、排気ダクトウィンドウはスライド窓の後ろに取り付けOK。

これはデュアルベントシステム・ウィンドウと変わりません。




12DSC09494.jpg

使用中の排水に関してはまだ検証していないので、どれ位の量が出るか分かりませんが、このような容器に排出してみようかと思っています。




13DSC09493.jpg

ホースを繋いでこんな感じね。


あとはカークファンの電源を処理して、インバーターを取り付け直して、排気ボックスを取り付けて、排水処置をしてやっと車内での使用が可能になりそうです。

結構やる事あるね(笑)

上手く車内で使えるのかな〜(^_^;)


スポンサーサイト
プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 50歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 5歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。