スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・クールの車内常設化② (ラ・クール入荷)

夕方にRVランドさんにラ・クールを引き取りに行って来ました。


01DSC09396.jpg

家に帰ってガレージ内に降ろしますが、これが結構重たい。



02DSC09401.jpg

開封すると細かいパーツが色々と入っていますが、とりあえずこれらは置いておいて本体を引っ張り出します。



03DSC09403.jpg

本体は背中合わせに連結した状態で入っていました。

持ち運ぶ時はこの様に連結させて、室外機の取っ手を持って運ぶようです。



05DSC09434.jpg

早速室外機と室内機を並べて、電源コードをコンセントに差しスイッチON。

非常に簡単です。




06DSC09407.jpg

07DSC09410.jpg

室内機からは充分冷たい空気が出てきます。

この時期ガレージ内は蒸し暑く、いるだけで汗が流れ出てくるのですが、ラ・クールの目の前にいる分には涼しいです。

作動音もとても静か。



08DSC09413.jpg

さて、私にとって問題なのはこの室外機。

右側の排気口からは結構な勢いで温風が排出されています。

また排気の音も結構大きいです。

室外機を車外に設置する分には排気の事は問題ないと思うけど、室外機の排気音は車中泊時に結構気になるんじゃないかな???

FFヒーターの作動音よりも大きいので、キャンプ場や道の駅で廻りで寝ている人に対して気を使っちゃいそう。。。

ラ・クールを使っている方のブログは色々と検索して拝見しているけど、夜間の車外での室外機の音に関して書かれている方はいなかったような気がします。

私的にはちょっと抵抗のある音量なのでどうなんだろう???

この事からも室外機の車内設置の意義を見出せる気がしたのですが・・。



09DSC09414.jpg

シュミレーションでも行っていたけど、室外機の排気口にダンボールで仮のボックスを付けてみました。

すると・・・・・排気の音が明らかに静かになりました。

アタッチメントも付けてみましたが、結構な勢いでアタッチメントのタッパーから排気が出てきます。

ファンの必要も無さそうなくらいです。

排気音も、排気口からブフォ~っと出る音からフレキシブルダクト内を通るシュ~っという音に変わります。

排気アタッチメントがマフラーのような役割をしてくれているのかな???

これは少し嬉しい結果でした。




室外機の排気と共にもう一つの問題なのが室内機の排水の問題です。

10DSC09421.jpg

室内機の排水口は後ろ側にありました。

ゴムのキャップが付いています。




11DSC09422.jpg

ゴムキャップを外すと溜まった水が流れ出てきます。

30~40分作動させただけでもジョボ~っと出てきましたが、排水はあまりキレが良くないですね。

室内機を斜めにして揺らさないといつまでもチョロチョロと出てくる感じです。




12DSC09425.jpg

13DSC09424.jpg

ひっくり返してみたら、室内機の排水口は二ヶ所ついていました。



14DSC09429.jpg

15DSC09432.jpg

排水口に接続するホースも付属されていました。

今度、一時間あたりどれ位の水が排出されるのか検証してみます。

想定している使用時間に於いて、どれ位の水が排出されるかで排水を貯めるポリタンクを決めなくてはいけないのでね。




06DSC09426_20130715234027.jpg

室外機には底面に排水口がありますが、こちらにはホースは付属されていません。

車外で使う事が前提なので垂れ流しという事なのでしょう。




16DSC09436.jpg

付属のリモコンは分かりやすく使いやすそうですね。

リモコンのスイッチONで直ぐに動き出すのでとても便利です。



さて、ラ・クールをガレージで使ってみての第一印象ですが・・・・。

充分使えます^^

買って良かったと思っています。

Linoの車中でも気持ち良く眠れそうな気がします。


コンセントを差すだけで使えるので、室外機を外に置いて使用する分にはとても簡単だと思います。

ただ、室外機をレインモールに引っ掛けるのはやはり大変な気がします・・・。

もうすぐ50肩のオヤジにはキツイね(笑)


車内常設化に関しての問題点は・・・

 ① やはり室外機の排気
    → 排気ダクトを使ってファンも併用で車外に排出しましょう。

 ② 室外機自体が発する熱 
    → そんなに熱くなるわけでは無いけど、サイドボード内にフェリソニでも貼って対策しましょう。

 ③ 室内機の排水
    → ホースを常時接続しポリタンクで水を溜めましょう。

そして一番の問題は・・・・室外機・室内機のサイズ。。。

カタログ寸法と本体寸法が違ってます。。。

私が見て作ったダンボールの寸法とは高さが7cmも違ってました。

室内機は300mmとなってるけど370mmもあるし(笑)

まあとにかく、実物が入手出来たのでこれからは実物合わせで納まりを考えてみます。

Linoの設置スペースの寸法から考えると、ミリ単位での調整が必要そうです。

やっぱり一年掛かるね(笑)

この夏は排気だけ繋いでとりあえず車内で使って見ます。



あっ、ちなみに外気温度が何度で車内の温度が何度の時、ラ・クール使用で何度下がった・・・等々の検証をするつもりはありません。

めんどくさい事は嫌いなので。。。

自分が『涼しい』と『感じられれば』それでいいのです(笑)

充分期待に応えてくれる品物だと思っております。






スポンサーサイト
プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。