スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェリソニ施工(エンジンルーム)

購入したままずっとほったらかしだったフェリソニを取り付けました。

本当はもっと早く施工したかったのだけど、先週一週間変な風邪に苦しんでいたので伸び伸びとなってしまっていました。

もっとも、シートをまた外して施工するのが面倒だった・・・というのもあるのですが(^_^;)

歳かな(笑)

風邪が早く治っていれば、ふもとっぱらで開催されているトイファクトリーのトイフェスに、ブログでご挨拶した事のあるブロ友さんにお会いしに行こうかと思っていたんだけどね。

まだ本調子ではないのでお出掛けは断念して、朝の涼しいうちに作業に掛かりました。




01DSC08930.jpg

重い腰をやっと上げて作業に取り掛かりました。

シートを取り外してカーペットを捲っていきます。



02DSC08941.jpg

カーペットの下から、以前施工したシンサレートが現れます。



03DSC08954.jpg

シンサレートの上に敷こうか下に敷こうか迷ったけど、面倒だから上に敷いちゃいました。




04DSC08950.jpg

フェリソニはプレカットされているので超簡単。

ただ載せていくだけです。


これでフロアは、レアルシルト・オトナシート・シンサレート・フェリソニの4層構造となりました。

もう限界です。

カーペットを固定するクリップが止まりません(笑)



05DSC08961.jpg

フェリソニを敷いたらカーペットを戻してコンソールを取付けます。

純正コンソールの取付けボルト穴を使ってボルト締めしています。

位置的な問題で4点止めですが問題ありません。

このコンソールの底板の下には断熱材として25mmのグラスウールを入れています。




06DSC08974.jpg

コンソールをしっかりとボルト止めしたらタイルカーペットを敷きます。



07DSC08970.jpg

このタイルカーペットの裏面にも東レのペフを断熱用に貼ってあります。




08DSC08980.jpg

更に、夏場には木製すのこを置いて熱気を逃がすようにしてやります。

凛と麗は暑がりなんですよ(^^;)


09DSC08987.jpg

取り外したシートは作業中に天日干し。

このラムースのシートカバーは本当に素晴らしい。

夏も暑く無いし、冬も冷たくなりません。

おススメですよ♪




10DSC08994.jpg

シートにフロアコンソール、凛&麗のベッドを元に戻したら作業完了。

施工時間は一時間半程度かな。

シートを取り外すのは面倒だけど、作業自体は難しい事は全くありません。



さて、実は今回フェリソニを施工した第一の目的は、制震・静音では無く『 断熱 』です。

今までフロアに施工してきた中で、断熱効果があるのはシンサレートだけなので断熱効果の強化が目的です。

『 今年の夏は過去最高の暑さになる 』ってNASAが発表していたしね(笑)


作業終了後、いつもの騒音計測アプリで車内騒音を計測してみました。

フェリソニ作業前の車内騒音は、平均で32~33dbでした。

施工後同じようにダッシュボード部で計測すると、平均31~32db程でした。

あまり変化ありませんね。

しかし、センターコンソールに載せて計測してみると平均29~30dbで、エンジンの真上であるコンソール部の方が静かでした。

これはフェリソニの効果なのかな???

走ってみても制震・静音に関しては大幅な変化は感じられませんでした。

若干静かになってるのかな?って感じ。

制震・静音に関しては、今までの施工で既に充分な所まで来てたってところなんでしょうか。


走行中、シート下にはエンジンの存在を殆ど感じません。

エンジン音が聞こえて来るのは足元の奥、ダッシュボード裏側からと感じられます。

ダッシュボードを外す訳にはいかないからこの辺りはしょうがないのかな・・・。

あとはタイヤのパターンノイズですね。

静かなタイヤに替えられれば言う事無しなのですが。

ま、とりあえずフェリソニの取付けによって、シート下からの熱気が更に遮断される事を期待しましょう。


そうそう、エンジンルームを開けたついでに、秘密のアース君 『 アネーラー 』も取り付けておきました。

効果がある事を祈りましょう(笑)


スポンサーサイト
プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。