スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーリングパネル製作⑦

シーリングパネルの配線処理が終わったところで本体の取付けに入ります。




DSC02537.jpg

まずは天井にシーリング取付けの為の下地材を固定します。

取り付ける場所は標準のルームランプが付いていた場所。

いつでも元に戻す事が出来るように天井の見える部分にはビスは打たないようにしています。

標準ランプの付いていた跡の範囲内でしっかりとビス固定します。

天井は5.5mmのベニヤ下地となっているのでかなりしっかりとビスが効きます。

ちょうど車両のルーフの補強部に当たる所にはフレームに向かって固定しているのでしっかり取りついています。



シーリングパネルとこの下地材を取り外せばいつでも標準仕様に戻す事が出来ます。






DSC02542.jpg

下地材はこの様な形になっています。

配線の為の溝加工・穴あけ。

上部には簡単に取り付けられるように溝加工をしています。

この溝はどのように使うかと言うと・・・。






DSC02546.jpg

シーリングパネルの裏側にL型金具を取り付けてあります。

このL型金具が取付け下地材の溝の中に入るようにしてあります。


取付け方はと言うと・・・。

シーリングパネルを持ち上げて前から後ろにスライドさせると、L型金物が下地材の溝に入り引っ掛かる形で落ちなくなります。

その上で前後・左右の寸法を微調整して固定します。

下から持ち上げた状態で位置を調整しながら固定するのは難しいからね。

特に一人では(笑)


最終的な固定は下地材に向かってシーリングパネルの下からビス止めします。

下地材はちょうどLEDランプの真上にあるので固定用のビスはLEDランプを取り付けると見えなくなるという訳です。




DSC02556.jpg

何とかシーリングパネルの取付けまで終わりました。

雨が降って来たので本日の作業はここで終了。。。


残すは車両側の結線のみとなりました。

あともう少しかな。。。

スポンサーサイト
プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。