スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑さ対策(ボーンバー)

先週の日曜日に深夜星空でも撮りに行こうと赤城山へ向かいました。

雲が出ていた為残念ながら星空は撮れず、道の駅で車中泊して戻って来ました。

夜は涼しく快適に眠れましたが、朝は暑さで8時過ぎに目覚めました。。。

カーテンを開けて窓を開けると眩しいのでバックドアを少し開けて風入れてまた寝ました(笑)


そろそろ夏に向けての暑さ対策が必要だな~と実感しました。

まあ、真夏に車中泊はしないかと思いますが、朝 暑さで目が覚めるのも辛いので暑さ対策を考えてみました。


車中泊中はエンジンを停止しているのでエアコンが使えません。

やはり車内に溜まった熱気を逃がす事を考えなくてはいけませんね。


ネットで検索していて見つけたのが下記のパーツ。



es_bone_bar.jpg

OGUshow【換気用バックドアフック】ESボーンバー という品物。

「このバーを車両のバックドアにセットし、カギを掛けてしまえばOK!」という謳い文句です。


先日の車中泊の際、バックドアを少し開けるだけでかなり涼しくなったのでなかなか役に立ちそうなグッズだと思いました。

ロック出来るので防犯機能もあるのは良いですね。

しかし、お値段は大小2本セットで8400円(税込)。。。

かなりいいお値段しますね。。。



ちょっと買うには抵抗のある金額だったので、それなら作ってしまえ~と、真似して作らせて頂きました。


ホームセンターで部材を調達してお世話になっている金物屋さんへGO。



DSC01574.jpg

部材を溶接してもらって出来上がり。

カラビナとリングは太さ15mmの鋼材丸棒で繋いでいます。

オグショーさんの実物は見た事ないけどまったく同じ形でしょ(笑)

せっかくなので大・中・小の3サイズを作ってみました。

大はスポンジチューブをブルーにしてみました。(ちょっと太めだけど)

オグショーさんのボーンバーはオールステンレス製ですがこちらはスチール製です。

強度的にはかなりしっかりしているので問題は無さそうです。

製造コストは3本で2400円也。

スチール製なのでお安く1本800円で出来ました。

私の考案した商品ではないので商売には致しません(笑)





DSC01578_20120523221431.jpg

さっそく取り付けてみました。

ボーンバーのカラビナを引っ掛けてからバックドアを閉めつつもう片方を取り付けます。







DSC01583_20120523221431.jpg

とっても簡単!








DSC01589.jpg

取り付けた状態でドアロックが掛けられるので防犯性もあるのが良いですね。

この状態からではカラビナを外す事は出来ません。

バックドアのロックを解除してボーンバーを横向きにしないと外せないのです。







DSC01591.jpg

単純な構造だけどこれを考えたオグショーさんは凄い~と思いました。

オグショーさん、パクらせて頂いてごめんなさい。。。








DSC015991.jpg

小を取り付けた状態。



DSC01598.jpg

中を取り付けた状態。



DSC01597.jpg

大を取り付けた状態。



バックドアからの換気はこれでOKとして、次は問題の車内の熱気の排出を考えようかと思っています。

今更ルーフに穴を開けてマックスファンを取り付けるつもりはないので、ソーラーベントを使って簡単に排出出来るようにしてみようと思います。




スポンサーサイト
プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
まつ毛育毛剤通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。