スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアヒーター延長ダクト

LinoにはFFヒーターは装備しておらず、純正のヒーターのみとなっています。




01DSC02326.jpg

リアヒーターはセカンドシート下に設置されており、ラウンジシート用の吹き出し口は画像の丸い部分となっています。

通常のシートレイアウトであればこの位置でもラウンジシートの足元は温まるかと思います。

しかし我が家のLinoは追加で製作したもらったセンターのマットを常時取り付けていてお座敷モードとなっています。





02DSC02325.jpg

中央のマットを取り付けているとこのように。。。

せっかくのヒーターの温風が全てマットの下に抜けていってしまいます。

ラウンジシートでいつも寛いでいる次男・三男から『 後ろが寒いからなんとかしてくれ~ 』との要望がありました。。。

もっとも車内全体が温まってしまえばそんなに寒くはないと思うんですけどね。


ま、せっかくのヒーターの温風が下に抜けてしまうのももったいないので対処する事にしました。






03_20120110224828.jpg

そこで購入してきたのがこの『温風ヒーター用省エネダクト SH800』という品物。

アルミで出来たジャバラで長さが80cmから3m20cmまで伸ばすことが出来ます。

結構キャンピングカーに乗っている方の間ではご用達の品物のようですね。






04DSC02323.jpg

スタンドの位置を変えることによって高さも調整が出来る様です。








05DSC02328.jpg

さて、Linoに延長ダクトを設置するとこのような状態になります。

長さが長かったので半分ほどにカットして使用しました。

材質がアルミなので曲げも簡単で曲がった状態を保持してくれるのが嬉しいですね。







06DSC02335.jpg

高さ調整用のスタンドをそのまま使ってセカンドシートの台輪に嵌めて固定しました。

高さがちょうど吹き出し口にぴったりで吹き出し口のカバーに当たって横ズレも起きなくバッチリでした。

吹き出し口からは10cm離すようにと書いてあったけど、まあその辺の所は(笑)

セカンドシートを対座モードにする時は直ぐに外せます。








07DSC02338.jpg

セカンドシートの背の裏からニョキッとダクトが顔を出しています。

見た目は何ですがこの辺は実用性重視って事で。

冬限定だしね。


ラウンジシートで足を延ばして寝転がっても足がぶつかる事はありません。


さてさて、効果の程は・・・・バッチリですね^^

足元から温風が出てきてとても暖かいです。

お手軽グッズですがとても効果的な品物でした。

これなら息子達も満足でしょう。





スポンサーサイト
プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
まつ毛育毛剤通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。