スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100Vコンセント配線の整理

ラウンジシート用のDVD内蔵液晶テレビの設置によりコンセント系統の変更が必要になったので少し整理しました。



01_20111025180617.jpg


02_20111025180630.jpg

フロントナビ&助手席用モニターとセカンドシート上部のフリップダウンモニターは電源が連動しています。

キーをONにすれば両方点くし、OFFなら消えます。








03_20111025180709.jpg

RVランドで架装して頂いた時点でメインバッテリーとサブバッテリーの切り替えスイッチが付いているので、キーをOFFの状態でも切り替えスイッチでサブバッテリーから供給され見る事ができます。









04_20111025180728.jpg

さて、新たに設置したこのラウンジシート用のDVD内蔵液晶テレビ。

映像自体はフロントナビからの映像を入力してナビと同じ地デジ&DVDの映像を映す事が可能。

このテレビの電源の取り方に頭を悩ませました。












05_20111025180749.jpg

100Vの電源の取り出しは自分で取り付けた大橋産業のDC/ACインバーター2000から持ってきています。










08DSC07049_20111025181438.jpg

インバーターのスイッチはリヤのギャレー収納家具に付いています。

このリモートスイッチをONにすればインバーターが動き各所に付けた100Vコンセントが通電します。






現在Linoに設置してある100Vコンセントは・・・



06_20111025180806.jpg

セカンドシートの台輪に2口。









07_20111025180822.jpg

ギャレー収納家具側面に1口(古い画像なので天板は以前の物です)









08_20111025180856.jpg

天板上に電子レンジ用に1口。










09_20111025180910.jpg

そしてラウンジシートのテーブルに2口となっています。

全て1台のインバーターに繋がっているのでどのコンセントを使う時でもインバーターのリモートスイッチをONにしなくてはなりません。



と言う事は、息子達が後ろに乗って液晶テレビを見る際に、車から乗り降りする度にインバーターの電源をON・OFFしなくてはなりません。

ちょこちょこと乗り降りする分にはONのままでも良いけど家に帰って来たときはインバーターOFF。

後日乗る時にはインバーターONする必要があります。


私的にはこれが非常に面倒に感じました。

セカンドシート上部のフリップダウンモニターと同じくフロントナビに連動してON・OFFして欲しいのです。


しかし、車中泊時にはそれだと困ります。

ラウンジシートで液晶テレビ内蔵のDVDを見るにもフロントのナビをONにしないと電源が入らなくなります。


整理するとこんな感じにしたい。。。

① 通常はフロントのナビに連動して電源のON・OFFとしたい(インバーターのスイッチ操作無し)

  (勝手に点いて勝手に消える感じね)

② もちろんフロントのメイン・サブバッテリーの切り替えにも連動。

③ 車中泊時、内蔵DVDを見る時には単独でサブバッテリー電源で使用したい。(ナビの電源は入れたくない)

  (ラウンジシートで地デジを見る時のみ止むを得ずナビの電源ON)









10_20111025180932.jpg

ってな事で無い頭を使って苦手な電気作業を開始。

以前の車で使っていた100Wの小さなインバーターやリレーを引っ張りだし配線作業。









11_20111025180951.jpg

トグルスイッチを買ってきてプレートに穴を開け取り付け。








12_20111025181010.jpg

とりあえず配線を全て接続したら通電の確認。

何とか問題なく接続出来ました。

新しく配線したのは下記の通り。


◎ ラウンジシート天板のコンセントのみ100Wの小さなインバーターから供給。

◎ 100Wインバーターの電源は、ナビ裏のACC電源から配線を分岐し新たに接続したシガーソケット電源から取る。
  (インバーターがシガーソケット接続タイプなので)

◎ この状態で100Wインバーターはフロントのナビと連動OK。

◎ そしてもう一つ、インバーターを接続しているシガーソケットにサブバッテリーから直に引いてきた12Vの配線を接続。

◎ ナビ連動のACC配線とサブバッテリー直の配線をトグルスイッチで切り替え。


としてみました。







13_20111025181032.jpg

配線をまとめ何とかスッキリした形にしました。










14.jpg

100Wインバーターは常にスイッチはONにしたまま。








15.jpg

左側のDC/ACインバーター2000のリモートスイッチとは別にトグルスイッチを取り付け。







16.jpg

100Wインバーターは電源スイッチは常にONだけど、トグルスイッチが中央の時はACC・サブバッテリーからの電源はカットされるので通電はしません。







17.jpg

トグルスイッチを下にすると常にナビ・フリップダウンモニターと連動で電源がON・OFF。

フロントの切り替えスイッチがメインの時は車輌側バッテリーから供給。

もちろんキーOFFの時はインバーターには通電無し。

切り替えスイッチがサブの時はサブバッテリーから電源供給となります。








18.jpg

トグルスイッチを上にするとサブバッテリーから直に供給。

と言う形になりました。









19.jpg

ラウンジシート天板のコンセントのみ100Wインバーターからの電源供給。

その他のコンセントはDC/ACインバーター2000からの供給となります。



結果的にインバーターを二つ使用する事により、一番使用する液晶テレビの電源を小さなインバーターを稼動させるだけで良くなりインバーター使用の消費電力も抑えられたのでは?と思っています。
(普段はメインバッテリーからの供給になっちゃうけど・・・)

普段はフロントナビと連動でON・OFFして、車中泊時はトグルスイッチをチョンと上にするだけでサブバッテリー電源で単独使用可能。


とりあえず自分で構想した通りの接続方法になったと思うけど、使用していくうちにまた変更の必要があるかもしれないね。

とりあえず便利になったので様子をみてみます。



スポンサーサイト
プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
まつ毛育毛剤通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。