スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RECAROシートのシートヒーター

Linoに装着しているRECAROシートには、シートヒーターが内蔵されています。

しかし、6月に取り付けて以来、6ヵ月間配線を繋いでいませんでした。


08Lino⑪

まだシートヒーターは必要ないな? と思っていたのと、何より配線作業が面倒だったから(笑)


ヴェゼルにも純正のシートヒーターが付いていますが、最近めっきり寒くなってきて朝の出勤時は毎日使用しています。

せっかくRECAROにも付いているなら、と重い腰を上げて配線作業をしました。





1_20141208225327706.jpg

RCAROのシートヒーターのスイッチは画像の部分に付いています。

パッと見では全く分かりません(笑)






DSC051301.jpg

スイッチ部の拡大画像です。

シートヒーターは2段階の温度設定があり、スイッチを上に押すとオレンジのランプが点灯しHIGHモードとなり、下に押すとグリーンのランプが点灯してLOWモードで作動します。

スイッチの中間はOFFとなります。

配線はバッテリーから直に繋いでいますが、リレーを使ってACC連動での作動としました。



このスイッチの位置は一見悪そうに見えますが、意外と操作し易かったです(笑)

最初はインパネかコンソールBOXにスイッチを移設しようかとも考えたけど、使ってみたら意外と良かったのと、何より再度配線作業をするのが嫌なので止めました(笑)



やはりシートヒーターがあると最高に快適ですね。

スイッチONで1分程すると温かくなり始めるので、エンジンが温まってヒーターが作動し始めるより早く温まります。

温まる範囲も、背中の真ん中辺りからお尻全体と結構広範囲に温まります。

これからの季節、夜の星空散歩に出かける際に重宝しそうです。


先週は、シートヒーター以外に、今まで施工してきたフットランプイルミネーション(ドアOPENでホワイト・イルミ連動でブルー)やサブウーハー・その他LED照明等の配線も綺麗にやり直して、一週間ほぼ毎晩配線を弄っていたのでまいりました・・・。

一旦全ての配線を取り外して整理しようとしたら、どうやって繋いでいたのか忘れちゃって悪戦苦闘(恥

一週間掛けて無事復旧です(笑)






スポンサーサイト

充電式ヒートジャケット

寒さが増してきましたね。

これからの季節、星空を撮りに行くのもかなり寒くなり、雪のある山に行くと気温もマイナス13℃位になります。

深夜、3時間も撮影していると体もキンキンに冷えきってきます。


寒さ対策の為に、ガスストーブを使用したりしていますが、やはり局所的にしか温まりません。





05DSC02660_20141211232732552.jpg

左側のイワタニの屋内用ガスストーブは、マイナス気温では着火すらしてくれません。



そこで、寒さ対策の為に電熱グッズを購入しました。

電熱グッズというのは、12V電源や充電式バッテリーを電源として、ウェアに内蔵された発熱ユニットを発熱させてポカポカになるという品物です。


下記の画像は、バイク用に持っている電熱グッズでして、グローブも含めて全身が電熱によって温まるウェアであります。(分離可能)

電源は腰から出ているプラグをバイクに取り付けているソケットに挿してバイクのバッテリーから12Vを取ります。



D20_20141211232732d46.jpg

笑っちゃう位温かいんですよ(笑)

どれ位温かいかというと、1月や2月に高速道路を走っていてサービスエリアに入った時に、冷たいコーヒーが飲みたくなる位(笑)

サービスエリアで休んでいると電熱が切れて段々と寒くなってくるので、早くバイクに乗りたくなってきます。


この電熱グッズが使えれば良かったんだけど、さすがに12Vのバッテリーを持って歩くわけにはいきません。

そこで、充電式の電熱ヒートジャケットを新たに購入しました。

( 誕生日のプレゼントに妻が買ってくれました・・・感謝! )





購入したのは、リョービの充電式ヒートジャケットと言うものです。



01_20141211232731c67.jpg

02_2014121123273016c.jpg

ジャケット自体は普通のジャケットと変わりません。

とても軽く、ゴワついた感じもありません。

デザイン・色は地味ですが、普段は普通のアウターとしても問題なく使用出来ます。

内側はフリース素材になっていて、肌触りも良し。


近所のホームセンターで、ジャケット本体のみで2万円ほどだったのですが、バッテリーと充電器が別売りでした・・・。

バッテリー1個と充電器のセットで1万円、更に予備にもう一つバッテリーを購入するとあと7000円位掛かってしまいます。

作動時間を考えると、やはり予備バッテリーは欲しいよな~と悩んでおりました。



一度帰って色々と調べてみると、同じリョービの電動ドライバーに同じバッテリーを使用しているモデルがある事が分かりました。


そこでもう一度ホームセンターに戻って電動工具売り場を探してみると・・・

ありました!



DSC05131_20141211232730b69.jpg

ヒートジャケットと同じバッテリーを使った電動インパクトドライバーです。

充電器とバッテリーも2個付属していて、在庫1個限りのセール品でお値段15000円。

単品で充電器とバッテリー2個を買うより安かったです(笑)

充電ドライバー本体がタダ以下って事ですね(笑)


ちょうど自宅用に持っている充電ドライバーも古くて、バッテリーの調子が良くなかったのでラッキーでした。







DSC05138.jpg

こちらが充電式ドライバーに付属しているバッテリーと充電器。

ヒートジャケット用にオプションで単品発売されている物と同じ品物です。


充電時間も45分と短いので、予備バッテリーを使用している間に、Linoのサブバッテリーでもう1個が楽に充電出来てしまいます。


ネットショッピングなどで売られているヒートベスト等だと、充電時間が3〜5時間も掛かってしまうのでとても短くて助かります。

その代わり少しゴツいけどね(笑)






DSC05144.jpg

充電ドライバーにはグリップ下部にバッテリーが装着されます。



ヒートジャケットにはと言うと。。。


DSC05148.jpg

まずはヒートジャケットに付属しているアダプターをバッテリーに取り付けます。






DSC05150.jpg

ガシャっと嵌めて一つの塊に。






DSC05151.jpg

ヒートジャケットには背面にバッテリー用のポケットが付いています。

電熱を使用しない時にはちょっとした小物入れ用に便利そうです。





DSC05156.jpg

ポケットのファスナーを開けると中からピンジャックが現れます。

ピンジャックをバッテリー&アダプターには挿して、電源をONにしてポケットには入れれば準備完了です。





DSC05157.jpg

ポケットにバッテリーを入れるとかなり『こんもり』とします(笑)





DSC05163.jpg

ヒートジャケット本体には左胸にスイッチがあります。




DSC05169.jpg

スイッチ長押しで電源ON、モードは強となり、赤いランプが点灯します。




DSC05170.jpg

もう一度スイッチを押すと中となり、白いランプが点灯。






DSC05171.jpg

更にスイッチを押すと弱になり、青いランプが点灯します。




ジャケットを着て電源をONにすると10数秒で温かくなり始めてきます。

1分もするとポカポカになります。

発熱ユニットが前と後ろの両方にあるので、身体全体がいい感じに温まります。

これなら氷点下の屋外でもバッチリだね♪



ジャケットにバッテリーを装着すると重くなりますが、後ろ側なので思ったよりも邪魔になりません。

電熱を使用しなくても普通に温かいので、普段はバッテリーを外して普通のアウターとして使用して、星空撮影の氷点下の時にバッテリーを装着して電熱として使用しましょう。

バッテリーも充電ドライバーと共用なので、普段はDIYや日曜大工で使用できるから無駄がなくていいね。


次回、星空散歩に行った時に電熱を試してみましょう♪


移動中はシートヒーター、星空撮影中はヒートジャケット、就寝中はFFヒーターと、これで寒さ対策は完璧になりました(笑)








山中湖にて

久しぶりに夜の富士山を見たくなり、山中湖に出掛けてきました。




01DSC05185.jpg

湖畔の灯りが明るいけれど、綺麗なオリオン座が見れました





0241.jpg

飛行機の灯りを入れながらコンポジットなど。





03DSC_1409.jpg

静かで星の綺麗な夜でした。






04DSC_1412.jpg

朝日が差してきました。

この時間の富士山が一番好きです。








06DSC054682.jpg



07SC05489.jpg

とても綺麗な富士山が見れたけど、寒かったですね。

早朝の気温でマイナス5.6℃くらいだったので、深夜の2:00頃はもっと冷えていたんではないかな?


紅富士の湯にゆっくりと浸かって、11:00には帰宅しました。


ラウンジシート上部木目パネルの再製作

以前製作した、ラウンジシート上部木目パネルを作り直しました。



0_20141219230511300.jpg

以前作ったパネルには、当初、リアエアコン可オートコントロールユニットのコントローラーを取り付けていました。







00_20141219230510b9d.jpg

しかし、オートコントロールユニットを使ってみると、やはり運転席にコントローラーがあった方が便利だと感じ、フロント側に移設。





000_20141219230510fdb.jpg

コントローラーの開口部はメクラ板で塞いでいましたが、新たにバッテリーモニターを取り付ける為に再製作を開始しました。





01DSC05754.jpg

合板を貼り合わせてパネルの下地を製作します。

照明スイッチやバッテリーモニターの開口は予めしておきます。





02DSC05755.jpg

木目パネルを取り付ける部分に養生をして、スプレーのりを吹いてビニールレザーを張り付けます。






03DSC05757.jpg

ビニールレザーを張り付けたところです。






04DSC05762.jpg

端部や開口部を巻き込んでいきます。





05DSC05763.jpg

木目パネルは、薄いベニヤ板にダイノックシートを張り込んで製作します。

周りはすべて裏側まで巻き込んでいます。







06DSC05797.jpg

ビニールレザーを巻き込んだ部分に嵌め込んで接着します。

こうする事によって、レザーとダイノックシートの両方が押さえ込まれて剥がれなくなります。






07DSC05769.jpg

照明スイッチ部分は巻き込まず、開口面でカットします。






08DSC05770.jpg

中央のバッテリーモニター部は、バッテリーモニターを埋め込んで取り付けるので、レザーは巻き込んで張ります。






09DSC05783.jpg

こちらが今回購入したBM-1 コンパクトというバッテリーモニターです。





10DSC05787.jpg

このバッテリーモニターは、通常は面付けで正面からビス止めとなっています。

その為、モニターの厚みがそのまま出っ張ってしまいます。

ちょっとこれでは美しくないな・・・と思い、パネルに埋め込む事にしました。






11DSC05788.jpg

バッテリーモニターに合わせて穴を開け、レザーを巻き込んだ所に裏側から嵌め込みます。






12DSC05779.jpg

出っ張り具合もかなり少なくなり、収まりがよくなりました。






13DSC05790.jpg

バッテリーモニターの裏側です。

パネルの裏面と平らにしています。

正面からビス止め用の穴があるので、後ろからパネルに向かってビス固定します。





14DSC05801.jpg

とりあえずパネルの再製作は完了です。


そのうちバッテリーモニターの配線作業を行うとしましょう。。。




バッテリーモニター BM-1 コンパクト取り付け

木目パネルの再製作も終わったので、バッテリーモニターの取り付けを行いました。




01DSC05804.jpg

今までのパネルを取り外して、サブバッテリーからモニター部まで配線を引いていきます。





02DSC05806.jpg

配線が終わったところで、BM-1 コンパクトの初期設定を行います。

使用しているサブバッテリーは12SPX205なので、バッテリー容量を205AHに設定します


次に無負荷状態でのセロ電流設定を行いますが、ここでちょいと問題が。

本来なら、ゼロ電流設定で、無負荷状態での電流値をゼロに設定出来るはずなのですが、何故か設定出来ません。。。

説明書通りの設定方法を操作しているのに、操作キーでの電流のプラス・マイナスの調整が反応しないのです。。。

初期不良なのかな???


そうそう、モニターにはブルーのバックライトが付いており、説明書には表示ボタンを操作すると2秒後に消灯すると書いてあるけど、なぜか2分後に消灯します(^^;)

ま、これはどちらでも良いけどね。。。






03DSC05809.jpg

作業が先に進まなくなってしまうので、とりあえず取り付けてしまいました(笑)





04DSC05825.jpg

ゼロ電流設定が調製出来ていないので、モニターには無負荷状態で3.2Aと表示されてしまっています。。。





05DSC05815.jpg

LED照明を点灯させると電流の値も大きくなります。

調光器での調光に反応して電流の値も変化するので、とりあえずはちゃんと測定してくれているようです。

あくまで、無負荷の状態でスタートが3.2Aの表示から始まってしまっているという事ね。。。

この辺は、購入したショップさんに連絡して、今後の対処を考えましょう。






07DSC05823.jpg

一応、予定していた場所に取り付けは完了しました。

パネルにモニターを埋め込んだので、隣の照明スイッチとの収まり具合のバランスも良かったです。


パネルのレザーがアイボリーなので、バッテリーモニターは白色でも良かったんだけど、隣の照明スイッチが濃いグレー色なので、合わせる為にグレーのバッテリーモニターにしていました。


とりあえず、サブバッテリーの残量は一目で分かるし、電流も表示されている値から3.2Aを引けば使用電流が分かるから良しとしましょう(笑)

初期不良で交換してくれるかな?


Merry Christmas

あと一時間も残っておりませんが(^^;)



sDSC049431.jpg

素敵なクリスマスをお過ごし下さい。




o0393059013159374503.jpg

o0393059013159374504.jpg


珍しく、麗の可愛い写真が撮れたので(笑)





プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。