スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッテリー充電器

先日、RVランドさんに行った時にサブバッテリーを見て頂くと、結構減っていたとの事でした。

Linoにはソーラーや外部AC入力/コンバーターチャージャー 等は付いておらず、サブバッテリーへの充電は走行充電のみでありました。

減ったままにしておくのは良くないと聞くし、走行充電だけではなかなか満充電されないようなので充電器を購入しました。

ラ・クールをトータルで6時間以上使用していたからね。


01DSC09312.jpg

購入したのはAC DELCO AD-0007 という充電器。



02DSC09317.jpg

大きな取っ手もついていて持ち運びし易そうです。

思ったより全然軽いのが◎。

電源コードやケーブルが背面に収納出来るのも嬉しいね。



03DSC09295.jpg

早速充電を開始してみましょう。

サブバッテリーにケーブルを繋いで、電源コードをコンセントに差したら電源をON。

充電電流は20A(高速充電)に設定。

これだけで充電が開始されます。

充電中、電圧/容量ボタンを押すとその時点での電圧と容量が表示されます。

ラ・クールを6時間程使ったとは言え、その間延べ1500キロは走行していたのでどれ位の容量が残っているかと思ったら13.1V/40%と表示されました。


05DSC09298.jpg

04DSC09297.jpg

充電開始4時間後、表示は14.5V/75%に。



06DSC09303.jpg

満充電になるとFULと表示されます。

夕食から帰って来たらFULとなっていました。

恐らく充電時間は8〜9時間位かな。



07DSC09309.jpg

充電完了後、WEBCON-2では13.4Vとなっていました。

これでサブバッテリーもお腹いっぱいになったかな。

12SPX100にも繋いで容量チェックしてみたら75%でした。

後日12SPX100と車両バッテリーにも充電してみましょう。

こまめに充電して、なるべくいつも満充電の状態を保ってやればバッテリーも長持ちするかな。


スポンサーサイト

ガレージ外壁に外部コンセント取付け

サブバッテリーの充電用に充電器を購入して充電してみましたが・・・。

我が家には外部にコンセントが無かったのでした。。。

止む無くサッシを少し開けて電源コードをガレージ内に引き入れて接続して使用しました。

しかし、この状態だと防犯上宜しくない。。。

夜間に充電する時やお出掛けの間に充電する時など、鍵が掛けられない窓が出来てしまう事になります。

そこで外部コンセントを取り付ける事にしました。



01DSC09336.jpg

ガレージ入り口には、改装時に自分で取り付けたスイッチやらコンセントやらが並んでいます。

またまた配線を引き回すのが面倒だったのでこの部分のコンセントの外側に取り付ける事にしました。



02DSC09326.jpg

このコンセントボックス部です。



03DSC09320.jpg

コンセントボックスを取り外して合板に穴開け。



04DSC09323.jpg

外側の外壁にも同じく穴開け。

配線を通して



05DSC09324.jpg

ベースを固定して


06DSC09327.jpg

結線して防水コンセントを取り付けて外側は完了。

同じく内側も取り外したコンセントに配線を繋いで元に戻して終了。



07DSC09331.jpg

抜け止め付の二口コンセントとなっています。




08DSC09333.jpg

本当はもっと低い位置に取り付けるのだろうけど、通線が面倒だったので内側と同じ高さにしちゃいました。

コンセントを抜き差しするには丁度良い高さではあります。

最近しゃがむのが腰に辛いからね(^^;)

そう言えば・・・内側のコンセントを取り付けた時もそう思って高い位置にしたような・・・(笑)


まあ、ともあれこれで自宅でのサブバッテリー充電もし易くなりました。

戸締りして夜寝ている間に充電も出来るしね。

ただ、防犯上等々の為、内側にスイッチを取り付けて普段は外部コンセントは使用出来ないようにしようかと思っています。

留守中に外部コンセントから電源を取って電動工具でドアを破壊・・・なんて事も出来ちゃうからね(^^;)

まあ、そんな事はないと思うが(笑)

とりあえずON・OFFスイッチを内側に取り付けて、自分が使う時だけ通電するようにしときます。


さて、こうなるとLinoにも外部AC入力/コンバーターチャージャーが欲しくなって来ちゃうねぇ(笑)

16本充電器

最近やっと少し涼しくなってきました。

しかし、仕事が忙しくLinoにも触れず、遊びにも出掛けられない毎日です。。。


さて、涼しくなってくると標高の高い山では夜は一気に寒くなってきます。

そこで星空撮影では、以前購入したレンズ用の夜露防止ヒーターの出番となります。



01_20130909231848e2f.jpg

こんなやつね。

このヒーターを作動させるにはエネループが8本も必要となります。

2台使うので計16本。

今まで使ってきたエネループ用の充電器は4本用だったので、16本も充電するのは面倒でした。

そこで、ネットで見つけた16本一度に充電出来る充電器を購入してみました。



02DSC09367.jpg

単三・単四 ニッケル水素充電池対応 放電機能 USB充電ポート搭載 充電器 (16本用)  

ズラッと16本一度に並びます。



03DSC09361.jpg

エネループを装着するとその時点での容量が表示されます。

充電を開始すると目盛が増えて行き




04DSC09364.jpg

フル充電されると目盛が最大になります。

単三・単四両方に対応していたり、本体の側面にUSBポートが2つ搭載されていたり、ACアダプターと車内のシガーソケットで使うことができるケーブルが付属されていたりと、なかなか機能満載です。


思いがけず良い物が見つかり便利になりそうです♪




ニコン スマートカメラリュック Limited Edition プレゼントキャンペーン

7月中旬からの忙しさが続いており、ヘトヘト状態であります。。。

概ねバンコン1台分の金額の品物を二週間で製作して納める日々が続いています。

私が製作するわけでは無いのですが、お客様との打ち合わせ〜納まり・作り方を考え職人さんとの打ち合わせ・説明〜全ての材料・金物・ガラス・アクリル等々の発注〜出来上がってきた物の組み立て・・・頭と身体がオーバーヒートしています。

納期が無いと本当に毎日がバタバタで綱渡り状態です。

頭痛がガンガンする中、バファリン飲みながら頑張っております(^_^;)



と、今日もヘトヘト状態で帰宅時、宅急便が大きな段ボール箱を配達しにやって来ました。

はて?何も注文した覚えは無いんだけどな? と箱を良く見てみると・・・。





01DSC09352.jpg

先月Nikonのカメラとレンズを買った時に、たまたまやっていたキャンペーンに応募したカメラバッグが届いたのでした。

すっかり忘れていました(笑)



02_201309112153250d7.jpg

こんなキャンペーンです。

購入したD600がたまたまキャンペーン対応商品だったので、せっかくだからと応募していました。



03120307730_02.jpg


04120307730_03.jpg

Nikonの純正アクセサリー用品で、9月12日発売の新製品です。

定価は¥17,325(税込)

抽選では無く、もれなくプレゼントっていうんだからNikonも太っ腹です。




05DSC09368.jpg

現在愛用中のTENBAのスリングバッグとの比較。

Nikonのバッグの方が一回り大きいですね。

残念なのは、TENBAがワンショルダータイプなのに対してリュック型で両肩で担ぐこと。

ワンショルダーの方が圧倒的に便利なんだけどね。

ま、タダなので良しとしましょう(笑)




ドライブレコーダー取付け

先日、家族で食事に出掛けた帰り道、青信号で交差点に進入したのですが、いきなり左から信号無視のアルファードが突入して来ました。

どうやらアルファードは赤信号に気がついていない様子。

私はホーンを思い切り鳴らしながら急ブレーキ。

アルファードもホーンの音で気が付いたのか急ブレーキ。

絶対にブツかると思いましたが、間一髪のところで衝突せずに済みました。

勘弁してくれよな〜って感じです。

助手席の妻はかなり驚いていました。


そんな事もあり、以前から取り付けようかと思っていたドライブレコーダーを購入して取り付けました。

昔から、相手に突っ込まれて車2台とバイクを2台全損にされているので、もしもの時の為に証拠を残しておこうと思いまして。。。
(我ながらよく生きてるな・・・と思いますが)

自分が悪い時も証拠が残っちゃうんだけどね(笑)


購入したのはセルスターのCSD-260という品物。


01_20130915155828513.jpg

02_2013091515582788a.jpg

常時録画しながら、事故発生時には衝撃を感知して衝撃10秒前から30秒間を専用フォルダーに記録してくれます。





03DSC09402.jpg

早速Linoに取付け。


04DSC09403_20130915155826975.jpg

外部から見るとこんな感じ。



05DSC09404.jpg



06DSC093861.jpg

運転席からはミラーに隠れて全く見えません。

あくまで、もしもの時の為の品物なので存在感がない方が良いので。



07DSC09385.jpg

セカンドシートからも見えません。



08DSC09419.jpg

09DSC09423.jpg

助手席からは画面が確認・操作出来て、なるべく中央寄りの位置に取り付けました。



10SC094411.jpg

曲面鏡ワイドミラーを外すとこんな感じ。

本体は両面テープで貼り付け、電源はシガーソケットと取付けも簡単です。

大嫌いな配線が少し見えちゃうけど、これはしょうがない所か。。。



11DSC09431.jpg

エンジンon(アクセサリー)連動で自動的に電源が入り常時録画が開始されます。

画面には録画している映像が表示されますが消す事も出来ます。

映像は鮮明でなかなか綺麗です。





12DSC09439.jpg

録画された映像を再生する事も出来ます。

前車のナンバーもはっきり見えます。



運転席からはモニターは見えませんが、エンジン始動時や衝撃を感知してのイベント撮影に切替わり時などはチャイム音が鳴るので、見えていなくても作動している事は確認出来ます。

設定を変更したり、再生映像を確認する時以外は触る必要がありません。

思ったより良い品物なので、妻のタントと私のWISHにも付けようかな。


お役に立つ事が無い方が良い品物だけど、万が一の時には私の安全運転を証明してくれるでしょう(笑)



原点回帰

風が気持ち良く、バイクに一番良い季節となってきました。

台風一過の青空の下、ここ数日フォルツァ(250ccスクーター)で通勤しています。

バイクに乗っていると、もう秋を感じますね。


s-01_20130918142554705.jpg



たまにはツーリングにでも、と思いますが、現在の愛車達の状況は・・・。

 
 ◎ CB1300SF  ・・・・車検切れ
 ◎ K1200GT   ・・・・車検切れ
 ◎ CBR600FS ・・・・保安部品無し(サーキット専用)
 ◎ フォルツァ   ・・・・出動可能
 ◎ Dioチェスタ ・・・・出動可能(妻のスクーター)

と言った具合で、スクーターしか動かせない状況です(^^;

フォルツァは完全実用重視仕様となっていまして、


s-76.jpg

夏はメッシュシートカバーでお尻がス~ス~と気持ち良く、




107.jpg

冬はロングスクリーン&サイドバイザー&ハンドルカバーで風を避けて、


91.jpg

ヘラーソケット取り付けにより電熱ベストが使用できて温く温くであります。



108.jpg

ETCも取り付けてあるので中距離までなら充分に使用でます。
(長距離は流石にチト辛い)


しかし、久しぶりにフォルツァを使って見て思うのは、やはり大きすぎず軽くて小回りが利くのはいいな、と言う事。

持て余す事が無いので、ただ単に乗っていて楽しいという事です。



改めて考えると、この『ただ単に乗っていて楽しい』という事が非常に重要だと思えます。

私は身長が低いので、車やバイクは昔からやたらと大きいものに憧れる癖がありました。

チビでも大きなバイクを自由自在に操れるんだぞと(笑)

CB1300SFも大柄な車体で、K1200GTに至っては車体重量も300kgを越し、押し引きすら大変です。

その分、高速道路を使って遠出すると絶大なる安定感と安心感で何処までも走り続けていられます。

1日のツーリングの走行距離が500kmではまったく物足りない位。。。

しかし、このデカいバイクで出掛けるには、しっかりとしたバイクジャケット・ライディングパンツ・グローブ・シューズと一通りの装備が必要となります。

必要・・・という訳ではないのかもしれないけど、やはり安全の為にしっかりとした装備をして出掛けます。



それがですね、段々と重荷というか億劫になってくるのですよ(^^;

バイクってこうだったかな~?

バイクってもっと気軽なものだったんじゃないのかな~?

と、自問が始まりました。

ここ数年、全く走らなくなってしまったのはLinoを購入した事だけでなくこんな感じもし始めていたんですね。

そして、久しぶりに小さいバイクで出掛けると『ただ単に乗っていて楽しい』という事を思い出させてくれます。

決してデカいバイクが『楽しくない』のでは無く、小さなバイクは『気軽に楽しい』って事なんですけどね。

もちろんデカいバイクを乗りこなしてきた自信もあります←自信過剰(笑)


16歳で学校に内緒で免許を取り兄貴のバイクに乗り始め、ライディングの事など何も知らず又考えず乗っていたあの頃。

50ccで友人とわいわいガヤガヤと一般道で房総半島を一周廻った初ツーリング。

あの頃のバイクはまさに『ただ単に乗っていて楽しい』だったですね。

若かったからね(笑)

それに大きなバイクに乗ってると、正直カッコつけちゃうところあるし(笑)



よくよく考えて見ると、今まで乗ってきたバイクの中で一番楽しく自分に合っていたバイクというのは、

XV16.jpg

これかもしれないね。

ビラーゴ250というバイクです。

このバイクを買ったきっかけは、社員旅行で宮古島に行った時に、仲間とレンタルバイクを借りて7~8台で島を一周した事です。

私は250ccのアメリカンバイクを借りて走ったのだけど、メチャ楽しかったのです。。

海パンにTシャツでトコトコ走り、綺麗な海辺を見つけてはそのままドボン。

走っているうちに乾いてきて、また次の海辺でドボン。

綺麗な海岸線を眺めながらバイクを走らせているのは最高に楽しかったです。

今まで250ccとかアメリカンタイプのバイクには全く興味が無かったけど、何にもカッコつけず、気軽にトコトコ走れる楽チンさは『ただ単に乗っていて楽しい』でありました。

もちろん、宮古島というロケーションに依るところが大きかったんだけどね(笑)

そんな事もあり、旅行から帰って直ぐに中古車を探してこのビラーゴを購入したのでした。


ビラーゴは街中でも楽しく、アクセル目いっぱい回しても速くないし、両足がべたっと付いて動かせる軽さは最高でした。

7年落ちを購入して4年間乗りましたが、不調になり現在のフォルツァに乗り換えました。

今でもまた購入してみたいバイクNO.1であります。


そんなこんなで、大きいバイクで走って来たけど、小さく軽く・気軽に振り回せるのがバイクの楽しさの原点かな?と再確認しております。

キャンピングカーも、今はハイエースのスーパーロングに乗っていてハイマー等のデカい車に憧れているけど、歳を取って自分一人での遊びだったら、もしかしたら軽キャンが一番機動力があって良いのかもしれないね。


でも小さい物の良さを感じるには、一度デカいのにも乗ってみなきゃね(笑)← そこかい(^^;


久しぶりにバイク屋に行って・・・

妻の50ccのスクーターに乗っている次男が、「あのスクーター遅すぎるから何とかならない?・・・」と。

確かに妻用のDioチェスタは、女性用でお買物カゴが付いていたり、出足が穏やかなセッティングになっているようで、はっきり言って遅いバイクでありました。

それでは今はどんなスクーターがあるのか近所のヤマハのショップに出掛けてみました。



01P1050229.jpg

ヤマハというとやはりジョグでしょうか。


02P1050230.jpg

こんなスポーティな特別バージョンもありました。

カッコ良いね。

お値段約20万円也。

高いですね・・・(^_^;)

それでも今は全て4サイクルエンジンなので、どれもそんなに速さは違わないらしいです。

昔の2サイクルは50ccでも速かったんだけどね。



03P1050228.jpg

20万円も出すならこちらの125ccの方が絶対にいいと思う。

お値段21万5000円。

法定速度も車と同じだし、二人乗りも出来て、ファミリー特約保険でOK。

サイズは50ccと殆ど変わりません。

小型二輪免許は取らなくちゃいけないけどね。

でもどうせ免許を取るなら、普通自動二輪の免許を取って俺のフォルツァに乗ればいいじゃん?

新しいスクーター買うお金の半分ちょいで免許が取れるんだからね。

って事で、新しいバイクを買うのは勿体無いと結論(笑)

息子用のバイク探しは10分で終わったのでした(笑)



せっかくやって来たので、店内のバイクを見て回ると・・・

一台のカッコ良いバイクを発見。



04P1050214.jpg

新しいTMAX530でした。

最近バイク雑誌を全然買っていなかったので知りませんでした。

マットなボディカラーが目茶苦茶カッコ良いじゃないですか♪

エッジの効いたデザインもガンダムの様で未来的(笑)

ガンダム知らないけどね(笑)




05P1050215.jpg

トップケースもついていて積載量もバッチリ。

マフラーも迫力あるね。



07P1050218.jpg

お値段は約100万也・・・。

結構するね。



08P1050212.jpg

メーターなんかもガンダムチック。

いや、バカボンに出てくるおまわりさんの目みたい(笑)



09P1050211.jpg

オプションパーツらしいけど、このコンフォートシートは柔らかくて座り心地もOK。

デザインもいいね。

ちなみに私が座ると腰がバックレストまで届きません(^_^;)




10P1050220.jpg

夜は真っ赤にメーターが光ります。

昔乗っていたアテンザみたい。


第一印象でこの迫力が気に入り、思わず契約書にサインしちゃおうかと思ったけ、そこは落ち着いてまずは試乗から(笑)

パッと見の第一印象だけで100万円の買い物はとてもできません(^_^;)

んで、周りを一周試乗させてもらいました。


試乗して決意しました・・・。







これ、いらない・・・。





試乗しての印象は、

◎ とにかく小さく・軽く感じられ、車の動き出しがスッと俊敏です。

◎ 車体がしっかりしていて安定感バツグン。

◎ 乗り心地は少し固めだけど、しなやかでゴツゴツ感は無し。

◎ ブレーキが素晴らしい。タッチ・効き共にいい感じ。


と、いい感じなのだけど、一番重要である「走っている時のフィーリング」が合いませんでした。・・・。

言葉にするのは難しいんだけど、エンジンの回転上昇フィーリング、スタート〜70キロまでの一番常用する速度域での走行フィーリングが合いませんでした。

ずっとエンジンが4000回転くらい回っていて、そのエンジン音もせわしない感じです。

長距離ツーリングはキツそうだね。

これではK1200GTの代わりにはなり得ない。

車体はスポーティで素晴らしいけど、走行フィーリングはスクーターそのままです。

しかも街中常用使用域では、フォルツァの方が遅いけど乗りやすいですね。

形も車体も素晴らしいのに残念だ・・・。

多分このバイクの良さは、峠道に行かないと味わえないのかもね。

峠に行ったら、ヒラヒラとK1200GTより速く走れんじゃないかな。

私の使用状況にはTMAXの良さがマッチしませんでした。



と言う事で、息子用のスクーター探しは10分で終わったのに、その後1時間以上バイク屋にいました(笑)





ドアミラー破損の為、応急処置

実家の前の細い道をバックで入って行く時に、左のドアミラーを電柱にブツけてしまった(^_^;)

結構な勢いでブツけてしまったので、ミラーまで粉々になってしまいました。




01DSC09454.jpg

粉々になって全て落下してしまったけど、ミラー無しでは走り辛いのでとりあえず見えそうな部分をかき集めて貼り付けました。




02DSC09456.jpg

見え辛いですが、ミラーカバーもかなりヒビが入って割れてしまった。。。





03DSC09460.jpg

さすがにこの状態では見え辛いし見栄えも悪い。

破片が落下しても危ないので、家に帰ってから応急処置の補修開始です。




04DSC09465.jpg

まずは割れたミラーを撤去して清掃。




05DSC09469.jpg

バイクでホームセンターに行き、代用品として3mmのアクリルミラーを買って来ました。

右のミラーで型を取って型紙を製作。

型紙をアクリルミラーに貼って切り抜きます。




06DSC09477.jpg

車両用の強力両面テープを使って貼り付けて応急処置完了。

ミラーカバーのヒビ割れはそのままだけど、パッと見は元に戻りました。





08DSC09491.jpg

ミラー程では無いけどソコソコ良く見えます。

しかし、ミラー(凸面鏡)とは映り方が違うので距離感が掴み辛い。

早くヤフオクで中古のミラーを探さないと(^_^;)


プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 50歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 5歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。