スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーリングパネル製作②

シーリングパネルのベースパネルにビニールレザーを貼っていきます。

実はベースパネルは少し寸法を変更したので作り直してます(笑)



DSC02038.jpg

中央をマスキングして縁部分にスプレー糊を吹いていきます。

同じくビニールレザーにもスプレーして待つこと数分。





DSC02042.jpg


レザー貼りが完了しました。

色は内装のモケットに合わせたベージュカラーです。

中央の白い板は外せるようになっています。





DSC02046.jpg

端部のR部分の巻き込みは少し苦労しますがレザー貼り自体は難しいものではありません。




DSC02058.jpg

次に中央の白い板を外して、木目のダイノックシートを貼り、再度ベースパネルに取り付けて完了です。




DSC02069.jpg

セカンドハウスのシーリングパネルの様に艶有りの木目にしようかと思ったけど、Linoの木目は艶消しなので合わせて艶消しのシートを貼りました。

スライドドア部のステップに貼った物と同じシートです。

白い板にダイノックシートを巻き込んで貼ってからベースプレートに固定。

その為、レザーとダイノックシートの両方が剥がれないように押さえられます。




DSC02053.jpg


と、こんな感じでシーリングパネルの本体は完成。

コンソールボックスやラウンジシートのスピーカーボックスよりとても簡単でした。


注文してある丸型のLED薄型ライトが今月の中旬にならないと入荷しないらしいので、このまま暫く放置です(笑)

スポンサーサイト

シーリングパネル製作③

シーリングパネル用にネットで注文していた照明器具が一つ届きました。




01DSC02092.jpg

シーリングパネルの中央に取り付ける薄型のLEDライトです。




02DSC02078.jpg

かなり薄いのでシーリングパネルに埋め込まなくても良さそうなのでこのまま取り付ける事にします。





03DSC02083.jpg

ホワイトLEDが84灯内蔵なのでかなり明るいです。






04DSC02089.jpg

ブルーのLEDも12灯内蔵となっておりスイッチを押すごとに、ホワイト→ブルー→offに切り替わります。




05DSC02102.jpg

LEDの切り替えスイッチは最初から付いていたのですが、この中央用のランプはスライドドア連動にもしたかったので室内灯⇔スライドドア連動照明の切り替えスイッチを新たに付けました。

これで普段はスライドドア連動で点くようにしておき、室内灯として使いたい時は切替スイッチを押せば室内灯として使用する事ができます。

あとはシーリングパネルの周りにLEDテープライトを取付け、円形のLEDランプを付ければ完成かな。

LEDテンコ盛りですね(笑)

ラゲッジトレイ プチ改良

以前作ったラゲッジ用のトレイ。





04DSC01591.jpg


LEDのテープライトを取り付けていましたが、天板下に直付けしていたので改良して埋め込みにしました。




DSC02108.jpg

天板下に溝加工をしてLEDテープライトをつけ直しました。

このテープライトは店舗内装用の品物で、仕事関係の電気屋さんから頂きました。

とてもしっかりしたテープライトです。





DSC02106.jpg

溝は端から端まで加工したけどLEDの長さは少し短いです。

今度長い物を貰ってこよう(笑)




DSC02120.jpg

天板と脚だけの簡単な作りだけど、とても便利でお気に入りの一品なのです。

シーリングパネル製作④

製作中のシーリングパネルにLEDテープライトを取り付けました。




01DSC02152.jpg

シーリングパネル裏側にテープライトを一周貼り付けます。







02DSC02178.jpg

点灯試験。

無事に点灯しましした。

真横から見るとLEDチップの粒が目立ちます。




03DSC02175.jpg

しかし取付け状態では下からの見上げとなるのでLEDは見えません。





04DSC02176.jpg

部屋の電気を消してみると。。。




05DSC02165.jpg

LEDのツブツブは殆ど出ないようです。

光のバラ付きが出るようならばアクリルで光を拡散する事も考えています。




06DSC02170.jpg

これは100%での点灯状態です。




07DSC02157.jpg

車両に取り付け時にはこのエーモンの 【 フットライトLEDコントロールユニット2 】を使って調光をかけます。

いまのところ考えているのは、スライドドア連動でドアオープン時には100%の明るさ。

ドアクローズ時イルミネーション連動で減光。

減光は30%・10%・3%と選べるので車両に取り付けてから決めようと思っています。

また明るくなる時と暗くなる時は、じわ~っと明るさが変化します。

日中もACC連動で点灯する事も出来るけど、日中の点灯は必要ないかな?と考えています。


ちょっとづつですが進んでおります(笑)

シーリングパネル製作⑤

シーリングパネルに先日届いたLED薄型ランプを取り付けました。



01DSC02181.jpg

LEDランプの裏側からスイッチ部の配線が出っ張っているので当たる部分に穴を開けます。




02DSC02182.jpg

器具自体はビス2本での固定なので簡単です。

このLEDランプは中央に取り付けました。




03DSC02186.jpg

厚みもかなり薄いのでいい感じかな?




04DSC02188.jpg

配線を仮接続して点灯試験。

しかし、ここで問題が起こりました。。。


このLEDランプはホワイトとブルーのLEDが、ロータリースイッチでoff→ホワイト→ブルーoff→ホワイト→ブルーと切替えとなるのですが、

ドア連動にもしようと切替スイッチを新たに取り付けたところ、一度電源がoffになると数秒後にLEDの切替えが自動的にoffになってしまうのです。

ドア連動で点灯、ドアクローズで一度消灯すると数秒後に切り替えがoffになってしまうので、次にドアが開いた時にはランプが点灯しない状態になってしまうのです。

ドア連動切り替え用のスイッチを介さず、LEDランプから出ている2本の配線を+と-に単純に接続している分には問題ありません


????いろいろと配線を変えたり試してみましたがどうしてもダメでした。

LEDの基盤をイジる知識は全くないのでロータリースイッチをキャンセルして、ブルーのLEDの点灯は諦めホワイトのみ室内灯&スライドドア連動で点灯するように配線を変更しました。




05SC02191.jpg

ちょっと悔しいけど、両エンドに取り付ける丸型のLEDランプにもブルーのLEDが内蔵されているので、まぁいいか。。。

と言いつつも、まだ届いていない丸型のLEDランプのホワイト&ブルーの切り替えがどうなっているのか不安なところであります。

でも丸型のLEDランプはドア連動にはしない予定なのでたぶんブルーにも切替出来るかと思います。。。

ソーラーベント・ウィンドウの改良①

以前製作したソーラーベント・ウィンドウです。


01DSC01746.jpg

最近暑くなってきたのでかなり活躍してくれています。

駐車中は太陽光で音も無く静かに廻っています。

ずっと動かしていれば効果はあるはずなのですが、もう少しパワーが欲しいとも感じています。。

そこで第二案を発動致しました(笑)





01DSC02211.jpg

用意したのは、CARAC FAN - 12V 24V 室内換気ファンという品物です。

これはソーラーでは無く12Vの電源が必要なファンです。

こちら側が車内側になります。




02DSC02220.jpg

反対側はファンが剥き出し。

カバーは付属されていません。





03DSC02225.jpg

内側にはスイッチが付いていてHIとLOの切り替え式になっています。





04DSC02234.jpg

外側のカバーがないのでホームセンターを物色して使えそうなカバーを買って来ました。

そのままでは付かないのでカット・加工しました。





05DSC02240.jpg

裏面にはカークファンを固定用のナットを取付け。





06DSC02245.jpg

組み合わせるとこの様になります。

なかなかピッタリでしょ(笑)






07DSC02254.jpg

ソーラーベント・ウィンドウのアクリルを挟み込んで内側からビス止めして固定します。






08DSC02281.jpg

ウィンドウのアクリルに穴を開けカークファンを仮組しました。

外側から見たところです。




DSC02267.jpg

内側から見たところ。


なぜ第二案かと言うと・・・。

こうなるかもしれない事は想定していたのです。。。

ちゃんとカークファンの取り付けるスペースを取ってあったでしょ?(笑)


電源は使わずに何とかソーラーだけで凌げないかと思っていたけれど、最近いっそう暑くきたので換気能力のパワーアップの必要性を感じた訳であります。

何事も第二案は用意しておいた方が良いですね(笑)


さて、仮組まで上手くいったのでカークファンも黒く塗装して目立たなくさせます。

そして配線を済ませば完了です。

ソーラーベント・ウィンドウの改良②


ソーラーベント・ウィンドウの改良の続きです。


01DSC02287.jpg

カークファンと外側のカバーを黒でペイントしました。





02DSC02293.jpg

一度仮組は済んでいるのでもう一度組み立ててウィンドウは完了。






03DSC02314.jpg

やはり黒の方が目立たなくて良いですね。






04DSC02338.jpg

カークファンはサブバッテリーから12Vの供給となるので、スイッチの切り忘れが無いようにLEDランプを取付けました。

スイッチON時に点灯、offで消灯するのでパッと見て確認しやすくなります。







06DSC02350.jpg

車体側も配線を済ませて作業完了です。




07DSC02354.jpg

車体側はサイドウィンドウ下の内貼りパネルに12Vソケットを取付けました。

セカンドシートのサイドマットとラウンジシートの背もたれの間の隙間部分です。








05DSC02349.jpg

この位置だと設置時に電線が目立たなくて良いのです。

ベントウィンドウにはシガープラグを取り付けてあります。






08DSC02360.jpg

ついでに防犯性アップの為にロック金物を取り付けました。

ロッドを押してロックON、上部のレバーを押せばワンタッチ解除で簡単です。

このロックによりベントウィンドウが上に上がらなくなるので車外からの取り外しが出来なくなります。






09DSC02364.jpg

以前と同じように使わない時はスライド窓の後ろに固定出来ます。

着脱は配線を繋いだままでOK。

5秒で設置可能は変わっておりません。



これでやっと完成しました。

① ソーラーベントは吸気・排気の切り替えOK

② ソーラーで充電された内蔵バッテリーで夜間でも作動OK

③ 12Vのカークファンで太陽光が遮られる場所でも作動OK

③ ソーラーベントで吸気、カークファンで排気

④ ボーンバーでリアゲートから吸気、ソーラーベント&カークファンでダブル排気


等々色々な使い方が出来るようになりました。


名付けて・・・『 デュアルベントシステム・ウィンドウ! 』 大げさだね(笑)


これからの季節、増々活躍してくれる事でしょう。

ソーラーベント・ウィンドウの改良③

さて、I2V電源により稼働するカークファンの取付けでパワーアップしたベントウィンドウ。

猛暑の日曜日に出掛けてきましたが結構効果がありましたね。





DSC01996.jpg

ティピーさんに遊びに行った時もボーンバーとソーラー&カークファンでずっと換気していたのでドアを開けた時もムッとくる熱気は少なかったです。

もちろんエアコンを付けている訳ではないから涼しくはないんだけどね(笑)


そんな使い勝手が向上した自称 デュアルベントシステム ウィンドウ(笑)ですが、一つ気になる事がありました。








03DSC02314.jpg

02DSC02293.jpg


ソーラーベントの方は外側もしっかりしたカバーが付いているので隙間風の侵入は殆ど無いのですが、カークファンは結構隙間が大きいので高速走行中の隙間風による風切り音がありました。

ま、換気扇だから隙間があるのは当然なんですけどね。


このベントウィンドウは付けたままで普通に走行出来る事を目的としていたので、隙間風対策をしました。


して、隙間風対策とは・・・。


カバーを被せるだけ(笑)




01DSC02431.jpg

ホームセンターでステンレス製のタッパーを買ってきて黒くペイントしました。

お値段380円(笑)

ちょうど良いサイズを探すのに数店廻りました。





02DSC02445.jpg

ほんの少しガタがある位の物を購入して内側に薄いスポンジを貼って緩みを調整します。

キツからず、緩からず キュッと入る丁度良い嵌め込み具合になりました。





03DSC02456_20120717144634.jpg


ベントウィンドウのカークファン部に取り付けます。





04DSC02461.jpg


ピタッとこんな感じに取り付けられます。

中央にはステッカーを作って貼っておきました。





05DSC02462.jpg

こんな感じになっております(笑)

ちょっとした遊び心がDIYの楽しみってとこでしょうかね(笑)







06DSC02464.jpg

さて、これで本当にベントウィンドウの作業は完了かな。


走行中はカークファンを作動させる事はないので、一度取り外してスライド窓を閉めても良いんだけど着脱にいちいち5秒掛かります。

このキャップは被せるのに1秒なので4秒の節約ね(笑)

あっ、市街地等の走行ではいちいちカバーなんて被せなくても問題ありません。

高速道路を走っている時位しか隙間風は気にならないので。


手間ひま掛けてこんな物作る意味有るのか?って話は置いといてね(笑)

シーリングパネル製作⑥

すっかりほったらかしだったシーリングパネル(笑)

今夜は久しぶりに涼しかったので作業を進めました。




01DSC02535.jpg

まずは、マンガ絵だけど配線図を書いて頭の中を整理します。

どのランプをどのスイッチで点灯させるのか、メインバッテリーから取るのかサブバッテリーから取るのか等々。




02DSC02491.jpg

配線図を基に車両側の配線を製作。

作っている内にどれが何なのか分からなくなってきた(笑)

本当に配線って嫌いです。。。


とりあえず電気なんてのは+と-を繋げば点くのに、やれ常時・ACC・イルミ・ドア連動・リレーにコントローラー等々・・・。

自分で複雑にしているだけだろうけどホント疲れます。。。





03DSC02499.jpg

シーリングパネル裏側の配線も完了。





04DSC02508.jpg

丸型のLEDランプはスイッチ付きを注文していましたが、スイッチ無しに変更しました。

やはりロータリースイッチらしいのでホワイト&ブルーのLEDの切り替えスイッチは自分で作る事にしました。

余計配線が増えちゃうんだけどね(^^;)




05DSC02511.jpg

車両側の配線と繋ぎ点灯チェック。

無事一発で上手くいきました。

スイッチのON・OFFも問題なし。





06DSC02514.jpg


07DSC02515.jpg


08DSC02522.jpg

色々なパターンで点灯出来ます。





09DSC02527.jpg

とりあえず配線には問題が無さそうなので車両側の配線に取り掛かります。

天井の標準のランプを取り外し、天井の中を配線を通していきます。

天井の内貼りは外す事は出来ず、裏側に断熱材も入っているのでスペースが無く通線に苦労しました。





10DSC02530.jpg

何とか通線完了。

ギボシ端子を取り付けてシーリングパネル側は終了です。


まだまだ車両側は常時電源・サブバッテリー直電源・ドア連動線・イルミ連動線を引いて来なければなりません。

それからスイッチ・リレー・フットランプLEDコントロールユニットの接続をして完了です。


パネルを作るより配線イジってる方が疲れます。。。。。

シーリングパネル製作⑦

シーリングパネルの配線処理が終わったところで本体の取付けに入ります。




DSC02537.jpg

まずは天井にシーリング取付けの為の下地材を固定します。

取り付ける場所は標準のルームランプが付いていた場所。

いつでも元に戻す事が出来るように天井の見える部分にはビスは打たないようにしています。

標準ランプの付いていた跡の範囲内でしっかりとビス固定します。

天井は5.5mmのベニヤ下地となっているのでかなりしっかりとビスが効きます。

ちょうど車両のルーフの補強部に当たる所にはフレームに向かって固定しているのでしっかり取りついています。



シーリングパネルとこの下地材を取り外せばいつでも標準仕様に戻す事が出来ます。






DSC02542.jpg

下地材はこの様な形になっています。

配線の為の溝加工・穴あけ。

上部には簡単に取り付けられるように溝加工をしています。

この溝はどのように使うかと言うと・・・。






DSC02546.jpg

シーリングパネルの裏側にL型金具を取り付けてあります。

このL型金具が取付け下地材の溝の中に入るようにしてあります。


取付け方はと言うと・・・。

シーリングパネルを持ち上げて前から後ろにスライドさせると、L型金物が下地材の溝に入り引っ掛かる形で落ちなくなります。

その上で前後・左右の寸法を微調整して固定します。

下から持ち上げた状態で位置を調整しながら固定するのは難しいからね。

特に一人では(笑)


最終的な固定は下地材に向かってシーリングパネルの下からビス止めします。

下地材はちょうどLEDランプの真上にあるので固定用のビスはLEDランプを取り付けると見えなくなるという訳です。




DSC02556.jpg

何とかシーリングパネルの取付けまで終わりました。

雨が降って来たので本日の作業はここで終了。。。


残すは車両側の結線のみとなりました。

あともう少しかな。。。

シーリングパネル製作⑧

シーリングパネルが完成しました。



DSC025741.jpg

スライドドアを開けた時はこの点灯状態となります。






02DSC02624.jpg

前後の円形LEDランプも点灯させるとメチャ明るいです。







DSC026051.jpg

シーリングパネルの厚みはかなり薄く作ったので心配した圧迫感はありませんでした。

標準で付いていた蛍光灯ランプより高さは抑えてありますので。





04DSC025851.jpg

夜間はこの状態となります。

間接照明のLEDテープライトはスライドドアクローズでじわ~っと減光します。




05DSC02569.jpg

ブルーを点けると少しエッチっぽい(笑)





06DSC02636.jpg





07DSC02562.jpg

スイッチはスライドドア上部に三連スイッチを取り付けました。

ベースの板にはベージュのレザーを貼って目立たないようにしました。



このシーリングパネルに付いている照明器具は下記の系統となっています。


① 中央の角型LEDランプ

       メインバッテリー電源
       スライドドア連動
       切り替えスイッチで室内灯に可能
       三連スイッチ左側 ドア連動キャンセルスイッチ
       (スライドドアを開けたままでも消灯可能)


② 前後丸型LEDランプ(白)

       サブバッテリー電源
       Lino標準の集中スイッチでON・OFF可能
       リレー&切替スイッチにより三連スイッチ右でもON・OFF可能
               

③ 前後丸型LEDランプ(青)
    
       サブバッテリー電源
       三連スイッチ中央でON・OFF


④ パネル上部間接照明LEDテープライト

       メインバッテリー電源
       スライドドア連動で時じわ~っと点灯
       ドアクローズでじわ~っと消灯
       夜間イルミネーション連動で減光モードで点灯
       スライドドア開でじわ~っと100%点灯、クローズでじわ~っと減光点灯
       スライドドア部ステップランプ連動なのでステップランプOFFで消灯可能





ちなみにこちらが変更前のLinoの標準ランプです。

07DSC01560_20120722020914.jpg

大きなランプが二つ付いていますが、こちらは集中スイッチでの操作となるのでスライドドア連動では点灯しません。

何とかスライドドア連動で大きなランプを点灯させたかったのでシーリングパネルの中央に角型ランプを取付けました。


標準の集中スイッチ連動を無くすのももったいないので、前後の丸型LEDランプはその標準の配線を使って集中スイッチでの操作が可能としています。




06DSC00008_20120722021443.jpg

集中スイッチはセカンドシートの台輪部に付いています。

車をイジる際などはスライドドアを開けて直ぐにスイッチを触れるので便利な位置にあります。

しかし、ラウンジシートで寛いでいる時にランプを付けようとすると非常に操作し辛い場所でもあります。

(標準のランプにも個別にスイッチはついていますが、集中スイッチをONにしていないと電源が入りません)

ですので、集中スイッチはそのままでラウンジシートでもON・OFFし易いようにリレーを使って新たなスイッチを追加しました。

集中スイッチを操作しなくてもスライドドア上部に取付けたスイッチで直接操作出来る様になりました。

これによって操作性はかなり向上しました。





08DSC02640.jpg

配線が嫌いなので放置状態が長かったDIYですがやっと終わりました。

もう電装関係はイジりたくないです(笑)

とりあえず一段落かな

これから仕事が一番忙しい時期に突入します。。。

天井のシーリングパネルの製作も終わったので、とりあえず一段落といった所でしょうか。

このブログは自分の記録用としているので今現在のLinoの写真を残しておこうと思います。




DSC029571.jpg


DSC02999.jpg


DSC03022.jpg




お次は夜間の撮影。


01DSC027875.jpg



02DSC028355.jpg



03DSC028295.jpg



09DSC027692.jpg



DSC03046.jpg



DSC02969.jpg



3_20120727010633.jpg



DSC0290911.jpg



DSC032001.jpg

麗も大きくなってきたのでコンソールが少し狭くなってきたかな?(笑)

最近は写真の物よりもっと大きなベッドを置いているので凛も麗も少し楽そうですが。

でも凛と麗は車ではいつもピタッとくっついて寄り添っているから、まあ良いのかもね。


足回り・内装は一通り手を付けたので、次は外装にも少し着手したいな・・・と思っております。

でも先立つものがないのでコツコツとかな(^^;)

プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。