スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Happy New Year

DSC01720.jpg


本年も宜しくお願い申し上げます







DSC01728.jpg







DSC01710.jpg


スポンサーサイト

ラウンジシート天板位置移動

ラウンジシート天板に取り付けた19インチの液晶テレビ。




01DSC02292.jpg


画面までが少し近く感じ19インチではちょっと大きかったかな、と感じていました。

たぶん16インチ位が丁度良かったのかも。





02DSC02288.jpg

天板にはこのように取付けていますが、セカンドシートまではまだ余裕があるので天板を前方に移動させてみました。






03DSC02295.jpg

天板裏の座金の取付け位置を変更してセカンドシートに干渉しない所まで移動。

パイプ脚の位置は変えていないので重量バランスが心配だったけど問題ありませんでした。

このパイプ脚は床に固定されていますが、Linoの場合中央のベッド展開用マットでパイプ脚をしっかりと挟んでいるのでグラつく事がありません。

パイプ脚を移動させなかったのは床に新しいビス穴を開けたくなかったのと、中央のマットのパイプ用の切り込み位置が決まっている為です。







04DSC02317.jpg

天板が前方に移動した事によりラウンジシート部のフリーの空間が増え快適性が増しました。

液晶テレビ画面との距離も増えたので以前よりいい感じです。







05DSC02308.jpg

Linoのラウンジシートは最高に快適です^^










リアヒーター延長ダクト

LinoにはFFヒーターは装備しておらず、純正のヒーターのみとなっています。




01DSC02326.jpg

リアヒーターはセカンドシート下に設置されており、ラウンジシート用の吹き出し口は画像の丸い部分となっています。

通常のシートレイアウトであればこの位置でもラウンジシートの足元は温まるかと思います。

しかし我が家のLinoは追加で製作したもらったセンターのマットを常時取り付けていてお座敷モードとなっています。





02DSC02325.jpg

中央のマットを取り付けているとこのように。。。

せっかくのヒーターの温風が全てマットの下に抜けていってしまいます。

ラウンジシートでいつも寛いでいる次男・三男から『 後ろが寒いからなんとかしてくれ~ 』との要望がありました。。。

もっとも車内全体が温まってしまえばそんなに寒くはないと思うんですけどね。


ま、せっかくのヒーターの温風が下に抜けてしまうのももったいないので対処する事にしました。






03_20120110224828.jpg

そこで購入してきたのがこの『温風ヒーター用省エネダクト SH800』という品物。

アルミで出来たジャバラで長さが80cmから3m20cmまで伸ばすことが出来ます。

結構キャンピングカーに乗っている方の間ではご用達の品物のようですね。






04DSC02323.jpg

スタンドの位置を変えることによって高さも調整が出来る様です。








05DSC02328.jpg

さて、Linoに延長ダクトを設置するとこのような状態になります。

長さが長かったので半分ほどにカットして使用しました。

材質がアルミなので曲げも簡単で曲がった状態を保持してくれるのが嬉しいですね。







06DSC02335.jpg

高さ調整用のスタンドをそのまま使ってセカンドシートの台輪に嵌めて固定しました。

高さがちょうど吹き出し口にぴったりで吹き出し口のカバーに当たって横ズレも起きなくバッチリでした。

吹き出し口からは10cm離すようにと書いてあったけど、まあその辺の所は(笑)

セカンドシートを対座モードにする時は直ぐに外せます。








07DSC02338.jpg

セカンドシートの背の裏からニョキッとダクトが顔を出しています。

見た目は何ですがこの辺は実用性重視って事で。

冬限定だしね。


ラウンジシートで足を延ばして寝転がっても足がぶつかる事はありません。


さてさて、効果の程は・・・・バッチリですね^^

足元から温風が出てきてとても暖かいです。

お手軽グッズですがとても効果的な品物でした。

これなら息子達も満足でしょう。





ラウンジシート用スピーカー接続完了

昨年製作して取り付けたラウンジシートのスピーカーボード。

スピーカーまでは取り付けておいたけど接続が完了しておらず音は鳴らない状態のままでした。


やっとアンプを購入したので接続作業を再開しました。




DSC09099.jpg

購入したのは、Beat-Sonicのマイクロパワーアンプ PA1という超小型アンプ。

接続方法は下図の通り。




s-sample-acc-pa1-3_b.jpg

フロントナビに接続されているセカンドシートのスピーカー線からマイクロパワーアンプに分岐接続し、アンプからラウンジシートのスピーカーと繋ぎます。







DSC09104.jpg

またまた大嫌いな配線作業です。。。


セカンドスピーカーからの分岐配線、フロントナビからのリモート線、バッテリーからの常時電源線、アース線を内張りの内部を通してスピーカーボードまで配線していきます。








DSC09105.jpg

なんとか全ての配線を通してくる事が出来ました。

ここまでくれば終わったも同然です。








DSC09110.jpg

配線を全て接続し、綺麗に束ねて予定の位置にマイクロアンプを取付けます。

取付けは脱着が簡単な様に強力マジックテープにて。







01_20120116001042.jpg

やっとラウンジシートのスピーカーも鳴るようになりました。

これでフロントスピーカー×2、フロントツィーター×2、セカンドシートスピーカー×2、ラウンジシート用スピーカー×2、サブウーハーで計9スピーカーとなりました。

あとはセンタースピーカーを付けて5.1チャンネルプロセッサーを組めば、アルファードの時のスーパーライブサウンド10スピーカーシステムと同じになります。

何時の事になるやらですが(笑)


とりあえずラウンジシートが快適なリスニングルームとなりました^^




東京オートサロン2012

仕事が忙しくブログを書く気力も無かったのでもう一週間以上経ってしまいましたが、1月15日(日)に幕張メッセで開催されていた東京オートサロン2012に行って来ました。

オートサロンには初めて行くのでインターネットで調べてみるとかなりの混雑らしい。

電車で行くのも面倒なので、なんとか駐車場に停めれるように朝5時に家を出発する事にしました。


・・・・ところが6時に幕張に到着すると既に渋滞が・・・。

族車対策の検問もありズラ~っと列をなしています。。。

やっと駐車場に入れるも既に大駐車場は8割がた埋まってました。




01_20120123232035.jpg

朝6時でこの状態です。

FFヒーターがあれば前夜から車中泊でも良かったんだけどね。

開場は9時なので電気毛布とカセットガスストーブで暖を取り少し寝ますzzz






02_20120123232035.jpg

9時前になるとこの通り。。。






20.jpg

やっと中に入れました。

チューニングカーのお祭りなので普通のモーターショウより面白そうですね。








03_20120123232035.jpg

まずはいつもお世話になっているティピーアウトドアデザインさんにご挨拶。

雑誌の表紙を飾ったトラヴォイT200SLがデ~ンと展示されていました。







04_20120123232035.jpg

お隣は関西のユーアイビークルさん。

こちらの名古屋店の店長さんが最高に楽しい方です。

今度名古屋店に遊びに行く事にしました(笑)







05_20120123232034.jpg

魅力的なパーツがいっぱい。。。








06_20120123232229.jpg

こちらはLEGANCEのデモカー。

インテリアがかなり豪華ちっくです。







07_20120123232229.jpg

ツィーター埋め込みのピラー欲しいな。。。







08_20120123232229.jpg

こちらも魅力的なパーツを沢山出しているケースペックブース。






09_20120123232228.jpg

今年はなんとかインテリアパネルとウッドコンビハンドルを入れたい。。。







090.jpg

出来ればいつかはホイールもなんて。。。






10_20120123232228.jpg

マジカル・テクニカのブース。

車もゴージャスだけど、清楚な金髪のお姉さんが高級感を醸し出しておりました。








11_20120123232427.jpg

こんな柄のカーペットも面白いかも。

今のに飽きたら変えてみましょうか。







12_20120123232427.jpg

せっかくやって来たのでハイエース以外のブースも見て廻りましょう。

こちらは懐かしのトヨタ2000GT。

なんとこの車、電気自動車なのでした。

往年の名車が電気自動車として生まれ変わるのは嬉しいけど、音はどうなるんだろう???






13_20120123232427.jpg

さすがはオートサロン。

もの凄い車がいっぱい(笑)




14_20120123232427.jpg


15_20120123232427.jpg

超ド級のスーパーマシンがずらりです。






16_20120123232703.jpg

汚れた洋服では乗れないようなインテリア。。。






17_20120123232703.jpg

一生懸命キャンギャルを撮っている人達をパチリ(笑)

人溜まりになっている所は大体こんな感じです。






18_20120123232703.jpg

鈴木亜久里さんも来てました。








19_20120123232702.jpg

普段は見ることも出来ないMOTO GPマシンもありました。


さて、3時間一人で歩き通しだったので疲れました(笑)

そろそろ帰るとしましょう。







21.jpg

駐車場から出ると、道路には駐車場に入るための長蛇の列が。。。

このまま幕張のICまで続いていました。







22.jpg

高速に乗ってもこの渋滞。。。

幕張出口を先頭に、船橋を越え市川あたりまで10キロほど渋滞の列が続いていました。

早く起きて出掛けて良かった(笑)










インテリアパネル取付

木目調のインテリアパネルを購入してしまいました。

購入したのはシルクブレイズのカスタムパネル 茶木目 ワイドボディ用。



01DSC09225.jpg



早速箱を開けて品物を出してみると・・・。


02DSC09236.jpg

さすがシルクブレイズの品物はしっかりしています。






03DSC09241.jpg

木目の玉杢も綺麗な柄です。




04DSC09243.jpg

裏面には3Mのしっかりした両面テープが貼られています。







05DSC09242.jpg

さっそくドアパネルから始めてみましょう。

自分でアイボリーのソフトレザーに張り替えて明るくなったけどちょっとシンプルなドアパネル。






06DSC09247.jpg

木目パネルを貼るとちょっと良い感じになりました。






07DSC09253.jpg

貼り付け面をシリコンオフでよく脱脂してから両面テープの裏紙を剥がして貼るだけ。

とても簡単です。

フィッティングもバッチリ。







08DSC09256.jpg

次はインパネの施工に入ります。

標準のグレー一色も嫌いではないけど、ちょっと色気に欠けますね。。。







09DSC09264.jpg

まずは下半分だけ貼った状態。

おっ、こちらもなかなか良い感じだね。







10DSC09260.jpg



11DSC09266.jpg

形状もホントにピッタンコ。

さすがシルクブレイズですね。


時間も夜遅くなってしまったので今日はここまで。。。

続きは後日ゆっくりやりましょう。











インテリアパネル取付け完了!

先日下半分まで取り付けたインテリアパネル。

上部はそのまま取り付けるのでは無くちょいと加工して取付けます。






00DSC09303.jpg

はい、シートカバーと同色のビニールレザーを貼り付けました。。。








01DSC09292.jpg

上部のパーツ全部。。。

疲れました(笑)


これはもともと考えていた事で、全面が木目になるとちょっとしつこい気がしてシートカバーを注文していた時からインパネも同色のレザーと一部を木目にしようと考えていました。

アイボリーにペイントしちゃっても良かったんだけど、やはり触った感触がペイントだとツルツルしてノッペリしてしまうのでレザー貼りにしました。

新品の木目のパネルがもったいない・・・・といった思考は私にはありません(笑)






02DSC09308.jpg

貼り付け完了です。

ヒーターを効かせて車内を暖め、パネルもヒートガンで両面テープ部を温めてから貼り付けます。





03DSC09307.jpg

パネル自体に隙間の逃げが結構あったので各々レザーを巻き込んでも何とか大丈夫でした。

レザーを巻き込んだ分、裏面に両面テープをもう一枚貼りたしたので1mmほど余計に出っ張ったけど納まりはまあまあでした。





04DSC09328.jpg

木目パネルとのコントラストもいい感じ。

思い描いていた通りです。







05DSC09333.jpg

あとはハンドルとシフトノブかな・・・。

夏頃には同じく木目に換えたいな。

本当はハンドルも木目とアイボリーのレザーのコンビにしたいけど握っているうちにに汚れちゃうからね。

普通のブラックレザー&ウッドになっちゃうかな。





1_20120131225909.jpg

施工前。








06DSC09320.jpg

施工後。

車内がグッと明るくなりました。

ハイエースじゃないみたいですよ。

剥がせばいつでもノーマルに戻せるし、気が向いたら違うレザーにも貼り換えられるしイメージチェンジには効果ありだと思います。


個人的には気に入っているのですが、どんなトコでしょ?(笑)


プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
まつ毛育毛剤通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。