スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制振・静音・断熱作業開始

先日のリーフ&ダンパー交換で劇的に快適になったLinoの足回り。

ドライブするのが更に楽しくなりました。


我が家では車中泊やキャンプよりもドライブが主体の使い方なのでドライブ時の快適さが重要になってきます。

Linoはそのレイアウトから走っていても泊まっていてもかなり快適に過ごす事が出来ます。

しかしながらベースとなるハイエースはというと・・・・残念ながらやはりバン・・・。


走行時の振動・騒音などやはり前車のアルファードに比べると2ランク以上落ちます。

足回りの改良によって乗り心地はかなり満足のいくところまでいったので次は制振・静音・断熱作業に入ります。








DSC06890.jpg

という事でとりあえず買ってきたのがこんなもの。

エーモンの制振材です。

ハイエースはボディの鉄板が剥き出しの部分が多いので試してみようと思いました。










DSC06898.jpg

中身はアルミニウムに粘着ゴムが付いている物。

裏紙を剥がして貼るだけ。










DSC06900.jpg

手始めに施工してみようと思ったのがスライドドアのステップ部。














DSC06903.jpg

ステップのカバーを外してみると・・・・・・。

ほ~ら鉄板剥き出し(笑)


何故ここから始めようと思ったかというと、カバーが外しやすかったから(笑)

とりあえず買ってきた制振材を貼り付けていきます















DSC06907.jpg

最初から小さくカットされているので貼りやすい。

こんなところに貼って効果があるのかは疑問だけどとりあえず練習として。。。


貼ると叩いた時の音の響きが鈍くなるから多少なりとも制振の効果はあるんでしょう。



思ったよりも貼り付け作業自体は簡単な事が分かったので次の作業に入ります。

今後の制振・静音・断熱作業の予定、

   ◎ 運転席&助手席の天井

   ◎ 運転席&助手席の下 エンジンフード部

   ◎ 運転席&助手席の足元フロアー

   ◎ 運転席&助手席ドア

   ◎ スライドドア

   ◎ バックドア

ってところでしょうか。


運転席&助手席廻りはレアルシルトを主体に施工していくつもり。

断熱材として東レのぺフも購入したので夏に向けて断熱も進めて行こうと思います。



ま、お金も掛るのでボチボチやっていきます。

目指せ、ハイエース ミニバン化計画(笑)




そうそう、今日マクドナルドのトイレに携帯を落として流してしまった(^^;

何故か流した瞬間にポケットから落ちてスルッと・・・。

トイレに落としたの・・・通算3個目です(笑)

いやまいった・・ハハハ(笑)




スポンサーサイト

制振・静音・断熱作業 【天井編】

土曜日の夜、久しぶりに富士山と星の写真でも撮りに行こうと一人で出掛けてきました。

深夜1時河口湖に到着するも富士山の姿は見えず、3時まで待って五合目に登るもやはりダメ。。。

結局河口湖畔で車中泊して帰って来ました。







01DSC06909_20110607185555.jpg









02DSC06913_20110607185644.jpg


やはり冬の朝が一番綺麗に見えていいかな。

またリベンジに出掛けましょう。




と、富士山撮影も不発に終わったので制振・静音・断熱作業を再開しました。

まず手掛けるのは運転席&助手席の天井から。



先日の大雨の時、雨音がやたら天井に響いていたのです。

大粒の雨がバランバランといかにも鉄板を叩いてます的に(笑)


梅雨に入ったので天井を制振すれば少しは静かになるかなと。

それと断熱処理も一緒に作業すれば夏も少しは快適に過ごせるんではないかと。。。











03DSC06927_20110607185704.jpg








04DSC06937_20110607185721.jpg


天井の内貼りを外す前に外さなくてはならない物が多い。。。

リヤモニター、スピーカー、サンバイザー、ピラーの内貼り等々。

外した部品をなくさないように整理しながらどんどん外していきます。















05DSC06940_20110607185737.jpg


部品を全て外し終えた後は息子の手を借りてそ~れと取り外します。


天井って本当に鉄板一枚だけなのね。。。。

そりゃ雨の音も響く訳だわ。。。










06SC06939_20110607185755.jpg


RVランドで架装して頂いた後席部は断熱処理がされているはずですが、標準の前席まわりは全く何の処理もされていません。









07DSC06944_20110607185812.jpg


外した内貼りは車外に出しても置き場所がないのでとりあえず後席に放置(笑)

この内貼りも見事にペランペランです。
















08DSC06952_20110607185829.jpg


剥き出しの鉄板部に制震材を張り付けて行きます。













09DSC06946.jpg


裏面が粘着シートになっているのでシリコンオフで脱脂して張るだけ。

ローラーを使って押し付けておきました。

ハサミでも簡単に切れるのでとても施工はとても簡単です。














10SC06948.jpg


手で叩いて音が響きそうな所はくまなく張っていきます。












11DSC06951_20110607185922.jpg


後席用クーラーの上の隙間にもヘラを使って制震材を張り付けておきました。



この時点で天井を叩いてみると、、、

施工前のカ~ンカ~ンと響いた音から、コツコツと重みのあるシブい音に変わりました。

凄い効果ですね。

音だけ聞くとバンがレクサスになったみたい(笑)

あっ、レクサスを叩いた事はありません。

あくまでイメージね(笑)


でもこれは雨音にはかなり効果がありそうですね。


制震処理が終わったので本日はここまで。

次は断熱処理に入ります。



制振・静音・断熱作業 【天井編 ②】

天井作業の続きになります。

先日制振材は張り付けたので次は断熱処理に入ります。





01DSC06957.jpg

断熱材を張ろうと思ったけど良く見ると天井の補強部に隙間が開いている。。。

申し訳程度にコーキングが打ってありますがなんともお粗末な処理。














02DSC06960.jpg

ウレタンコーキングを充填しておきました。







03DSC06970.jpg

さて、天井の断熱材として用意したのは東レのペフという品物。

『熱伝導率、吸水率、透湿率が極めて小さく、断熱材、保温・保冷材として優れています。』

というらしいです。

裏面が粘着シート加工されていて施工しやすそうだったので5メートル購入してみました。













04DSC06961.jpg

制振材を張った上から天井一面にペフを張り付けていきます。


合わせ目と端部には防水テープで目張りしておきました。













05DSC06963.jpg

下から見上げるとこんな感じに。

粘着シートになっているので張るのは楽だけど、その分大きい面を張るのは大変だった。。。

一度張り付くと取るのが大変なので。。。











06DSC06966.jpg

リヤスピーカーが付く位置には吸音材という物も張っておきました。

どれだけの効果があるのかは分からないけどせっかく天井を外したのでこの際に。


写真は撮り忘れたけど、天井の内張りにも制振材とペフを張り付けておきました。

天井と内張りでの二重断熱になれば良いかなと。












07DSC06973.jpg

制振・断熱作業が終わったので後ろから内張りを移動して天井に取り付けます。

息子が試験勉強中なので手伝ってもらわず一人で作業するのが結構大変でした。












08DSC06976.jpg

内張りを元に戻し、外していたパーツを全て取り付けて作業は終了。

効果があることを祈りましょう(笑)


それにしても夏になる前に施工しておいてよかった。

真夏には絶対にやりたくない作業です。


こんな作業をしたくなるのもハイエースだからでしょうか(笑)

出来の悪い子ほど可愛いって言いますからね。

あっ、Linoは出来がいいです。

出来の悪いのはハイエース(笑)





制振・静音・断熱作業 【フロントドア編】

制振・静音・断熱作業の第二弾はフロントのドアを施工します。


オーディオの世界ではデッドニングは重要で音の向上に効果的な作業のようですが、我が家ではLinoの中では音楽は殆ど聞きません。

ですのであくまで制振・静音・断熱の向上が目的です。




01DSC06996.jpg

まずはドアの内貼りからはずしていきましょう。

取り外し自体はビスを3本外すだけなのでとても簡単。














02DSC06999.jpg

ビスを外して下から内貼り剥がしを使ってバカッと外し上に持ち上げると簡単に外れます。


サービスホールがガバッと開いているのかと思いきや金物とプラスチックの蓋が付いていました。










03DSC07001.jpg




06DSC07004.jpg


サービスホールの蓋を外してみるとやはり中はガラ~ン。

音が良く響きそうです(笑)











07DSC07005.jpg


サービスホールから手を入れて手が届く範囲でアウターパネルに制震材を張り付けていきます。












04DSC07002.jpg

純正のスピーカーはリベット止め。

今回はスピーカーは交換しないけど中に制震材を張りたいのでリベットをドリルで削って純正スピーカーを取り外します。
















05DSC07003.jpg

スピーカー部の穴からも結構手がはいるので制震材を張りこんでいきます。















08DSC07007.jpg

一応スピーカーの裏側には制震材をビッシリと張りつめ、














09DSC07008.jpg

多少なりとも音が良くなるかなと思い、一応制震材の上に吸音材を張っておきました。


純正スピーカーはボルト・ナットを使って再度取付けます。















10DSC07009.jpg

アウターパネルの制震が終わったところでサービスホールの蓋とスピーカーを取付けてアウターパネル面は作業終了。


次はインナーパネルに制震材を張っていきます。











11DSC07012.jpg

そして制震材の上からインナーパネル用の制震材を張っていきます。

サービスホールの蓋も外す事はないだろうから思い切ってまとめて張ってしまいました。

外す必要がある時はカッターで簡単に切れるしね。

ヒートガンを使ったら簡単に凹凸に馴染んで張ることができました。

これでインナーパネルの作業も終了。












12DSC07014.jpg

最後は断熱目的で内張りの内側に東レのペフを張っていきます。

暑がりの妻と凛の為に助手席側はしっかり張っておきました(笑)



内張りを元通りに取り付けて作業は全て終了です。

ドアを閉めると、今までのバ~ンという音からドンという重い音に変わりました。

アルファードの時より高級感のある音になった気がする。

ドアを開け閉めするたびにニヤッとしてしまいそう(笑)


スピーカーは純正のままなので劇的に変わった感じはしないけど、音がクリヤーでよく聞こえるようになった気がします。

全ての制震・静音・断熱作業が終わったらスピーカーを交換してみようかな。



今までの作業で今月は小遣いを使い切ってしまったので今月の作業は終了(笑)

来月に入ったらスライドドアとリヤドアを施工してみましょう。

エンジン廻りは材料を揃えるのに結構コストが掛かりそうなので材料が揃ったら一気にやります。


やらないなら全くやらない。 やるなら徹底的に・・・がモットーなので(笑)



それにしてもこの手の作業は始めてみると結構面白い(天井は嫌だけど・・・)

見た目は全く変わってないんだけどね(笑)


インバーター取付け完了

注文していたインバーターが届いたので早速取付けしました。






01DSC07057.jpg

大橋産業の【DC/ACインバーター 2000】という品物です。

定格出力1800W 最大出力2000Wの性能ながら2万円を切る実売価格は素晴らしい!

正弦波ではないけれど我が家には充分です。


震災の影響か品切れ状態でどこも欠品中だったのですが、品物の供給が平常に戻ってきたようで注文が受付可能になっていたので注文していました。

思ったより早く届いてびっくり。

これは私より家族が使う物なので支払いは生活費から(笑)

一番の使用目的が車中泊時に妻がドライヤーを使えるようにという事なので。。。













02DSC07016.jpg

早速取り付け作業に入ります。

インバーターはサブバッテリーに直接接続します。

Linoのサブバッテリーはラウンジシートのコーナー部のシート下に付いています。










03DSC07021.jpg

シートを外すとサブバッテリーが現れます。


ちなみに以前フロアーにカーペットタイルを張りましたが、シート下の収納部にも全て張ってあります。

シート下に収納した物が走行中コロコロと動く事がなくなりいい感じです。












04DSC07026.jpg

インバーターの設置場所はサブバッテリーの脇のこの位置にしました。


ちょうどシート下の台輪の間にハマってぴったりでした。











05DSC07029.jpg

付属のケーブルを使ってサブバッテリーに接続し電源を入れるとサブバッテリーの電圧と消費電力が交互に表示されます。


しかしシート下だと電源の入切やコンセントの差し込みが不便なので新たにコンセントを車内に設置します。

また電源は付属でリモートスイッチが付いているので室内の別の場所に取り付けます。












06DSC07035.jpg

リモートスイッチとコンセントはラウンジシート裏のギャレー収納家具の脇に取り付ける事にしました。

妻もラウンジシートでドライヤーを使うにはちょうどいいと言っていたのと、Linoには家具らしい家具がこれしかないのでここに決定です。











07DSC07042.jpg

取付け用の穴を開けてインバーターから配線を引いてきます。












08DSC07049.jpg

リモートスイッチと増設コンセントの取付けが完了。


コンセントはスペースの関係で1口コンセントにしました。

天板の上だったら2口コンセントでも付けられそうだけどとりあえず良しとしましょう。

追々別の場所にもコンセントを増設しようと思っています。

次はセカンドシート回りかな。

ラウンジシートのテーブル天板にもコンセントがあると便利だけどパイプの中を配線するのが面倒かな。。。



そうそう、リモートスイッチは大変便利!

電源をONにすると緑のランプが点灯しますが、ちょっと暗いのが難点かな。

それ以外は100点満点のインバーターですね。











09DSC07052.jpg

妻のご要望の1200Wのドライヤーもバッチリ!

これでますます快適に過ごせそうだね^^





そうそう、先日施工した天井とドアの制震・静音・断熱作業の効果ですが、、、、


明らかにワンランク静かになりました。

結構ドアから響いて入ってくる騒音というのが大きかったのでしょうかね。

エンジン回りは施工してないのでエンジン音は相変わらずですが、以前はエンジン音に交じって色んな音が喧しかった感じでしたがエンジンとタイやノイズのみが聞こえてくる感じになりました。

これでエンジン回りやフロアーを施工したらかなり静かになると思われます。


制震材を張りまくってドアが重くなったからか、半ドアになるのが減ったのが嬉しかった^^


コンセントの増設

インバーターを設置したので早速コンセントの増設を行いました。








01DSC07063.jpg

次に取り付ける場所はセカンドシート下の台輪部分。

Linoのメインスイッチ部分です。













02DSC07066.jpg

インバーターからセカンドシートの下まで配線を通す為、スライドドアのステップカバーとエンジンカバーを外します。

最短距離で配線しようとするとフロアーに配線が露出してしまうので配線を隠す為に遠回りですが外して作業していきます。












03DSC07079.jpg

ステップ部から配線をラウンジシート下の収納部を通してインバーターまで配線していきます。











04DSC07078.jpg

インバーターにはコンセントプラグを取り付けて接続。











05DSC07067.jpg

セカンドシート下の台輪に穴あけ位置をマーキング。

本当はもっと右側に寄せたかったけどシートのフレームにぶつかってしまうのでこの位置でギリギリでした。












DSC07069.jpg


ドリルを使って穴あけ後、配線を開口部まで持ってきます。












07DSC07071.jpg

電線に接続端子を取り付けてコンセントに嵌めこんで接続完了。













08DSC07075.jpg

開口部にビス止めして配線・接続作業は完了です。












09DSC07081.jpg

スライドドアを開けるとすぐ目に入る場所なので、コンセントのカバーにはLinoの木目に似たダイノックシートを貼ります。

ヒートガンで温めて伸ばしながら貼っていきます。













DSC07086.jpg


ダイノックシートの方がちょっと明るい色かな。。。












11DSC07087.jpg

ま、とりあえずこんな所でしょう。

今度もう少し似た木目のシートを探してみましょう。


通電確認をして作業終了。

今日は疲れたのでこれで終わりです。

この場所なら車外からでも使いやすそうですね。

車内を掃除する時もいちいちガレージから延長コードを引っ張って来なくてもここに繋げば簡単に掃除出来るしね。




なんだかんだ毎晩Linoをイジってるな(笑)

ご近所さんも毎晩家の前で何やってるんだろう???と思っているハズ。。。(笑)


しかし、毎日少しずつ快適に・使いやすく進化しているLino号でありました。。。



もう一つコンセント増設

制震・静音・断熱作業が一時中断中の為、コンセント増設作業に励んでいます(笑)



01DSC07090.jpg

Linoで一番快適なラウンジシート。

やはりここにもコンセントがあると一番便利。

となると付ける場所は・・・・

やはりテーブルの天板しかないかな。

足元にあるよりやはり便利だしね。


一度やろうと思い始めるともう止まらない・・・。

面倒な性格です。









02DSC07096.jpg

と、いう事で今夜も作業開始。

テーブルを外して天板にコンセント取付け用の穴を開けます。










03DSC07109.jpg

配線は表に出したくないのでパイプ脚金物の中を通します。

配線を一本で繋いでしまうとテーブルが外れなくなってしまうのでオス・メスのプラグを使って取り外せるようにします。













04DSC07113.jpg

天板にコンセントを取付けオスプラグを取付け。

パイプ脚から出したメスプラグと接続。

プラグを外せば天板は簡単に外せます。

足が当たったり邪魔にはならないけど、もう少し小さなワンタッチカプラーに交換しようかなと思っています。










05DSC07106.jpg

パイプの中を通った配線は下部に開けた穴からフロアーのカーペットタイルの下を通ってラウンジシートの台輪に取り付けたコンセントに接続。

コンセントを抜けばパイプ脚を外せるようにしてあります。


カーペットタイルの裏面も配線部分を削ったので配線のでっぱりは殆ど気にならなくなりました。








06DSC07103.jpg


ラウンジシート下の台輪に付けたコンセントは裏側を配線してインバーターに接続。

木目のモールで保護&化粧しておきました。











07DSC07117.jpg

これでインバーター → 台輪のコンセント → パイプ脚 → 天板 のルートで配線・接続が完了。


やはりテーブルにコンセントがあると使いやすそうです。

今後設置予定の16インチ液晶テレビを繋いだり、ノートパソコンや携帯電話の充電器等々。

息子はプレステ3を付けさせてくれと・・・。




セカンドシート下に2口、ラウンジシートのテーブルに2口、ラゲッジの家具に1口とこれだけコンセントがあれば充分でしょう。

車内のどの場所からでも気軽に100Vの電気器具が使えるようになりました。

これでコンセントの増設作業は全て終了。



最後に車内を掃除する時に、さっそく昨夜取り付けたコンセントが掃除機を使う時に役に立ってくれました。

やはり気軽に100Vが使えるのは便利ですね。

あとはサブバッテリーの容量に注意しないと。。。



インバーター電源確認用ランプ取り付け

インバーター&コンセントの増設を完了しましたが一つ気になる事が。





01DSC07131.jpg

インバーターのリモートスイッチはラゲッジの家具に取り付けてあるのですが、電源を切り忘れて車から降りてしまう事がありそう。。。

リモートスイッチの電源ランプは本当に小さくて分かり辛いし・・・。

電源を切らずに降りてしまうとインバーターが動き続け徐々にサブバッテリーの容量が落ちてしまうので電源を切り忘れないようにする必要があります。













02DSC07121.jpg

出入口のセカンドシートの足元にリモートスイッチを付けてもよかったんだけど、ラウンジシートから電源を入れようとすると結構見え辛いし腰をかがめないとスイッチを押せません。

なのでスイッチの操作がし易いラゲッジの家具に取り付けたのです。

しかし、乗り降りの際に一番確認しやすいのはこの位置なのでここに電源ランプを増設する事にしました。









03DSC07135.jpg


ホームセンターで100V用のランプを買ってきてコンセントから配線を分岐して接続しました。

インバーターの電源をオンにしてコンセントに電気が流れるとランプが点灯します。












04DSC07125.jpg

インバーターの電源を入れるとこの通り。

結構明るく点灯するので電源の状態が分かりやすいです。

ウルトラマンのカラータイマーみたいだね(笑)











05DSC07122.jpg


これはかなり便利になりましたね。

電源の切り忘れは減ると思われます。

本当はここにもリモートスイッチが付けられれば言う事なしなんですけどね。



こうなるとこの電源ランプは運転席廻りにも欲しくなりますね。

後席で息子がインバーターを使って電源を切り忘れても運転席のランプで電源の状態が確認できるので。

車から降りる時、運転席の私から 『 インバーターの電源切れよ~ 』 と注意できるしね。

早速またホームセンターに行ってランプを買ってきましょう。

数百円のランプで便利度はかなりアップするので効果満点です。

運転席にもインバーター電源用ランプ取り付け

昨夜考えていた運転席のインバーター電源確認用のランプを取付けました。






01DSC07139.jpg

取付け場所はメーター右側のメクラパネル。

乗り降りする際に確認しやすい位置です。











02DSC07144.jpg

メクラパネルを外してランプを取り付ける為の穴を開けます。










03DSC07147.jpg


配線を繋いでメクラパネルに固定。

ランプは裏側からナット締めになっているけど工具が入らないのでホットボンドで固定しました。













04DSC07152.jpg

ランプを取り付けたメクラパネルを戻してダッシュボード内を通してセカンドシート下のコンセント部まで配線します。

100Vコンセントの配線に接続して配線作業は完了。











05DSC07157.jpg

インバーターの電源を入れると運転席でもグリーンのランプが点灯。

電源の状態が一目で分かるようになりました。

セカンドシート下のランプより小さいランプにしたので夜間の運転時にも明るすぎず丁度良いです。



これでインバーター・コンセント・電源確認ランプの取付けは全て完了。

運転席・スライドドア部・ラゲッジの全てのドア部で電源の確認が出来るようになったのでインバーターの電源の切り忘れはまず無くなるでしょう。

内張りを外して配線する作業も結構速くなりました。

毎晩やってるからね(笑)


スイングアップ金具取付け

Linoには大きなギャレーや家具がありません。(ギャレーは格納式)

その分広いラウンジシートがあり、そのシート下が収納スペースとなっています。




01DSC07175.jpg

吊戸棚と広いラゲッジスペースもありますが、やはりシート下のスペースが一番大容量です。


シート下の荷物を出そうと思うと。。。。。










02DSC07176.jpg

背もたれの後ろのフックを外し背もたれをどかし、、、、











03DSC07178.jpg

よっこらせと座面をどかし中の荷物を出し入れします。


普段シート下にはシュラフやアウトドア用のイス、工具などが入っています。


車中泊時など、シュラフを出そうと思って座面を外すのって結構面倒なのです。。。

背もたれは軽いんだけど座面は結構重たく、またどかした際に置き場所にも困るんです。


なんとか座面を扉のように開閉式に出来ないかな~とずっと思っていたところ、丁度良い金具を見つけたので買ってきました。










04DSC07167.jpg

スイングアップ金具というものです。

株式会社ロータスで購入。

やっぱり探せばあるもんですね。









05DSC07179.jpg

金具は買ってきたもののLinoのシートに取り付けられるかは分からない。。。

シート下を確認して見ると。。。

金具を付ける場所ないじゃん。。。




付ける場所がないなら作りましょ。




06DSC07162.jpg

という事で金具取付け用ベース板から製作。






07DSC07184.jpg

このようにシート下の骨組みに固定します。










08DSC07188.jpg

そしてこのベース板にスイングアップ金具を固定。









09DSC07192.jpg

最後に位置を合わせて座面を固定して作業は終了。








10DSC07194.jpg

金物の都合上画像で見る位しか開かないので開口部は少し狭く感じます。

しかし手で少し開けるとバネの力でスーっと開いてくれるのは非常に便利!!


座面をどかそうと思うと両手で持っても結構重いんだけど、開閉は片手で出来るので楽になりました。

これで90°開いてくれると最高なんだけどね。



シート下を配線したり作業しようと思うと座面は取り外せた方が断然便利。

しかし車中泊などでシート下の荷物をちょいと出そうと思うと片手で開閉できるスイングアップが断線便利。

インバーターやコンセントの配線・取付け作業が終わったのでもうシート下の作業はないだろうと思い取付けました。




しかし一つ難点が。

バネが少し弱いのか、座面が重たいのか、一番上まで開けると重みで少し下がってきてしまいます。。。

手で支えているのも大した事ないんだけど、荷物の出し入れ中支えているもの面倒だし両手が使えなくなるのも不便。

一番開いたところでストッパーが掛けられるように簡単なステーでも作ってみようと思います。


でも、開け閉め出来るってやっぱり便利^^


細かい部分の手直し

先日取り付けたラウンジシートのテーブルのコンセント。






04DSC07113.jpg

パイプ脚を通ったコードを天板のコンセントの線とコンセントプラグで接続していますが、ちょっとゴツくて気になっていたので変更しました。


もう一つはパイプ脚に穴を開けて配線していますが、穴を開けた切り口にコードが擦れて傷つくのを防ぐ為にグロメットを取り付けました。













01DSC07204.jpg

金物に開けた穴が結構ギリギリだったので擦れて配線の被覆が破れないとも限らない。










02DSC07207.jpg

ステップドリルで穴を大きくして・・・









03DSC07213.jpg

ゴム製のグロメットを取付け。












04DSC07381.jpg

配線の接続はギボシ端子に変更。

カプラーにしたかったんだけど見当たらなかったのでとりあえずギボシ端子で。

これでも少しはすっきりしたかな。

グロメットを付けたので配線もこれで安全でしょう。

シートカバー届く

注文していたシートカバーが届きました。




DSC07513.jpg

注文してから約二ヶ月。

忘れていた頃に到着です。











DSC075192.jpg


仕上りはなかなかいい感じ。

背もたれ部はラムースでパンチングになっています。










DSC07524.jpg

アイボリーのソフトレザーと、ブラウンのラムースのコンビネーションです。

肌触りもいい感じ。

ラムースは夏はサラッとしていて、冬でも冷たくなくなさそうなので選んでみました。



涼しい夜に取り付けましょう(笑)

シートカバー装着完了

今日は涼しかったので仕事から帰った夕方にシートカバーを取り付けました。





01DSC0730.jpg

フロントのシートはいかにもオジサン的なグレーのモケットの生地です。

座り心地もイマイチだし面白味もありませんね。













02DSC07531.jpg

そこで選んだシートカバーは・・・・。

GRACE(グレイス)の【 Aライン ラムース スポーツエディション 】というシートカバー。

アイボリーのソフトレザーとDブラウンのラムースの組み合わせです。












04DSC07548.jpg

ステッチもアイボリー色。

購入前に大阪のショップまで行って見て来た甲斐があり素晴らしい出来栄えです。










05DSC07537.jpg

フィッティングもバッチリ!

フロントの二席だけでアームレストも無いので装着は20分も掛かりませんでした。












06DSC07551.jpg

これは座面の裏側。

しっかりクッションも入っているし縫製もしっかりしたものでした。












06DSC07554.jpg

助手席もあっという間に装着完了。

やはり運転席&助手席が揃うとグッといい感じになった気がします。













09DSC07575.jpg

自作したフロアコンソール&センターコンソールとのマッチングもバッチリ^^


GRACEの生地サンプルをもとに使用している生地を自分で調べて取り寄せコンソールを作りました。

アイボリーのソフトレザーはドンピシャで同じ生地でした。

しかしダークブラウンのラムースは私が入手した品物は少し色が濃かったようで品番がひとつ違っていたのかもしれません。

パッと見は分からないけどよく見ると自作のラムース部分の色が少し濃い・・・。

これは妥協出来る範囲か微妙な所ですね~。

しばらくこのまま使って見て、それでも気になるようならまたラムースを調達してフロアコンソールとアームレストを貼り直ししましょう。










10DSC07560.jpg

後席からみるとアイボリーのプレーンな感じです。

背面にはちゃんとマップポケットも付いています。









11DSC07595.jpg

思っていた通りにシートとコンソールのトータルコーディネートが上手くいきました。













12DSC07607.jpg

これは4月に大阪のショップに行った時に買ってきたウェストパッド。

同じアイボリーのソフトレザーです。

これでやっとシートとお揃いになりました。

中央のベロアの部分は黒しかなく残念。

同じブラウンのラムースで出来れば完璧だったんだけどね。

このウェストパッドも一度使ったら止められないお気に入りの一品です。


思ったより運転席廻りのバンっぽさが消えて満足です。

シートカバーのクッション性も良く座り心地も抜群。

二ヶ月待った甲斐がありました^^


制振・静音・断熱作業 【運転席&助手席フロア編】

制振・静音・断熱作業を再開しました。

次に手を付けるのは運転席&助手席廻りです。

運転席と助手席の下にはエンジンがあり振動と熱の影響を一番受ける部分です。

制振・静音・断熱作業も一番しっかりやらなくてはいけない場所ですね。





DSC07483.jpg

まずは運転席のフロアから始めていきます。

時間的な問題で部分部分での施工となってしまいます。








DSC07489.jpg

まずはカーペットを剥がしレジェトレックスを貼っていきます。











DSC07490.jpg

奥の方まで可能な限り貼っていきます。











DSC07137.jpg

レジェトレックスの上に貼るのがオトナシートという品物。

一箱5枚入りです。









DSC07507.jpg

フロアの鉄板を全て覆うように貼っていきます。

フロアは細かい凹凸が多いのでヒートガンで温めながら施工します。

狭いスペースでヒートガンを使うと汗だくです。









DSC07500.jpg

足元の奥の方も見える鉄板部分は全て貼りました。

覗き込んでも白い鉄板は見えなくなりました。









DSC07509.jpg

助手席の足元も同じようにカーペットを剥がしてレジェトレックスを施工。











DSC07511.jpg

同じく全面にオトナシートを貼り付け。


時間が無い為、一旦ここで作業終了、カーペットを元に戻します。

次はシートを外して運転席と助手席の下を施工していきます。







制振・静音・断熱作業 【運転席&助手席フロア編②】

運転席と助手席シート下の作業に入ります。





DSC07655.jpg

まずはエンジンカバーを外す。









DSC07666.jpg

次に運転席のシートとフロアカーペットを外す。

時間があまり無い為助手席シートとコンソールはそのままで作業に入ります。











DSC07671.jpg

エンジン回りに使用するのはレアルシルト。

レジェトレックスより制振効果は大きいようです。











DSC07676.jpg










DSC07682.jpg









DSC07691.jpg

施工部分の面積に対して1/3の面積が貼ってあれば十分な効果が得られるとの事。

ひたすら切って貼って、切って貼ってが続きます。。。


外出する為、本日の作業はここで終了。

シートとカーペットを元に戻し乗って出掛けます。


まだ先は長いな~(汗

制振・静音・断熱作業 【運転席&助手席フロア編③】

運転席下をレアルシルトで施工した後日、再度レアルシルトの施工を再開しました。





DSC07697.jpg

チマチマやるのも面倒なので運転席&助手席シート、コンソール、カーペットを全て取り外しました。

この方が作業もやり易いですね。








DSC07698.jpg

運転席と助手席の足元はすでにオトナシートまで施工済み。

エンジン回りも全て同じく作業していきます。













DSC07701.jpg

汗だくになりながらレアルシルトの施工完了。

この時点でもうクタクタ・・・。











DSC07705.jpg

続いてオトナシートの作業に入ります。。。。

制振・静音・断熱作業 【運転席&助手席フロア編④】

仕事から帰った蒸し暑い夜、オトナシート貼りを再開しました。

連日の作業でバテ気味です。。。


しかし車の中がバラバラの状態では乗って出かける事も出来ないので一気にやってしまいます。





DSC07717.jpg

ひたすら貼りまくってオトナシート貼り作業がやっと終了。











DSC07720.jpg

どこから見ても真っ黒けです。










DSC07725.jpg

エンジンフードの裏側にはエーモンのエンジンルーム遮音シートを貼り付け。









DSC07727.jpg

その上に標準の遮音板を戻して取り付けます。











DSC07731.jpg

余った遮音シートを凛が乗る部分に表からも貼っておきました。












DSC07737.jpg

そして、とどめにシンサレートをフロア全面に敷いていきます。













DSC07734.jpg

もう全て。

まるで布団をかけているみたいです(笑)



レアルシルトで制震、オトナシートで制震&防音。

更にシンサレートで吸音&断熱していきます。


運転席&助手席のダッシュボード裏の空いた空間にもシンサレートを詰め込み吸音&断熱。

その上にグレーのパンチカーペットで内張りを作って押さえました。








DSC07743.jpg

全ての作業を終えカーペット、シート、コンソールを取付け元通りに。


センターコンソールの凛のベッド部は製作時に25mmのグラスウールを入れ断熱用の発泡パネルで塞いでいました。

今回更に、敷いてあるカーペットタイルの裏に東レのペフを貼って断熱性能をアップしておきました。

凛はエンジンの真上なので熱の影響をモロに受けるので可哀想なのです。

今回の断熱作業はほとんど暑がりの凛の為のようなものです。

これでもベッドに熱が伝わるようならスノコでも作ってベッドを浮かせてやろうかと思っています。










DSC07740.jpg

見た目は作業前と何ら変わっていません(笑)


いや~やっと終わった。。。

もうこれ以上は出来ません。

やりきった感は十分あります(笑)


全ての作業が終わり運転席に座りエンジンON。。。


ウヒョ~^^


インプレはまた後日(笑)





プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
まつ毛育毛剤通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。