スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・クール  オリジナル レインモールアダプター製作

かなり久しぶりのLinoネタです(笑)


今年もまたラ・クールが活躍する季節になってきました。

快適に使用するた為に改良をしてみました。





01DSC08351.jpg

通常はこの状態で設置して使用していました。

あまり室外機を下げると、作業中にラゲッジトレイから室内機が落下する恐れがあります。
(一度落下しました・・・)

なので台を置いて室外機を載せていました。







02DSC08352.jpg

03DSC08353.jpg

配管を挟んでもなんとかバックドアは閉める事が出来ます。

しかしラッチ部の真横なのでかなり力が必要になります。





04_20150606200245256.jpg

この状態では、ラ・クールが邪魔でバックドアの開閉がとてもし辛いです。

車の後ろに植え込み等があると最悪でした。。。





という事で、次にコイズミのレインモールアダプターを使ってみました。





05DSC08269.jpg

室外機の後ろにネジ止めして取り付け完了。





06DSC08254.jpg

名前の通り、レインモールに吊り下げて設置します。




07DSC08257.jpg

バックドアの中央部辺りになるので、配管を挟んでも閉めやすいです。




09DSC08266.jpg

後ろから見た状態。






10DSC08259.jpg

室外機に取り付けたアジャスター脚がガラスに思いきりブツかるのが心配です。

横から何かに押されたらガラスが割れてしまうのでは無かろうか・・・。





11DSC08249.jpg

レインモールアダプターを取り付けた状態でも、ラゲッジでの収納性には影響はありませんでした。





12lacool-hiace2.jpg

こちらはコイズミさんの商品ページからお借りした画像ですが、何か違うでしょ???





08DSC08261.jpg

そうなんです。

スーパーロングはレインモールが高い位置にあり、室外機の設置位置も高くなってしまいます。

室外機の重さは17kgもあります・・・・。

この高さまで室外機を持ち上げて設置するのはハッキリ言って苦痛です。

室内機までの配管の長さもかなりギリギリになります。







さてさて、前置きが長くなりました・・・(^^;)

上記の様にラ・クールの設置が意外と面倒なので、楽に設置出来るようにオリジナルのアダプターを製作する事にしました。




いつもの様に、車体・ラクールの寸法をしっかりと測って納まり・作り方を検討。

三日間考えて図面を書いて、金物屋さんに製作発注をしました。




13DSC08274.jpg

そして出来上がってきたのがコチラの金物です。

ワンオフ製作なので製作コスト物凄いです(^^;)



レインモールアダプターに平板を取り付けて延長する簡易案も考えましたが、強度・安定性・見た目を考えてボツにしました。





14DSC08279.jpg

本体はアダプターというより架台って感じかな。

上部はこだわりのR曲げ加工。

こんな事するからコスト掛るんです・・・(笑)

でもデザインも大事ですから(笑)







15DSC08280.jpg

下部はラ・クールに付属のアジャスターをカットして使用。






16DSC08282.jpg

コチラの二つの金物は室外機に取り付けるブラケットです。

架台に引っ掛ける部分にはゴムを貼っています。






17DSC08283.jpg

レインモールアダープターを取り外して、室外機背面のネジ穴を利用します。





18DSC08285.jpg

上部ブラケット。

取っ手の操作には影響が無いようにしています。





19DSC08288.jpg

下部ブラケット。

配管に干渉しないようにしています。







20DSC08291.jpg

DSC08293.jpg


レインモールアダプターと同じく、架台は引っ掛けるだけです。

重量は測っていないけど、軽いので設置は楽です。







22DSC08294.jpg

曲げ加工の角Rがいい感じでしょ?(笑)



23DSC08300.jpg

下部のアジャスター脚はボディに接触するようにしています。





24DSC08306.jpg

後ろから見たところ。

張出しはなるべく少なくしています。






DSC08310.jpg

26DSC08315.jpg

架台を引っ掛けた後は室外機を引っ掛けて設置完了。

高さが低くなったのでとても楽になりました。

数十センチ違うだけでもかなり違います。

もうすぐ50歳だからね、肩が痛いんですよ(笑)












27DSC08321.jpg

28DSC08332.jpg

室外機設置後、後ろから見たところ。

架台下部のクランクは、室外機から出ている配管を逃げる為です。






29DSC08362.jpg

架台の収納はスライドラゲッジフロアに。

ピッタリ納まり邪魔にもなりません。






30DSC08340.jpg

室外機の高さが低くなった事により、配管の長さにも余裕が出来ました。

室内機の位置を多少動かす事も出来るようになりました。










31DSC08350.jpg

設置後、暑くなったのでラ・クールのスイッチON

ひんやりした風が出てきて気持ち良いね♪






32DSC08345.jpg

ちなみに、BAL2000のインバーター+ラ・クール稼働で41Aの使用電力でした。

やはり結構電気使いますね。





33DSC08357.jpg

そうそう、室内機の取っ手も交換。

吸盤が二ヵ所の物にしました。

強度もしっかりしていて耐荷重的にも余裕がありそうです。

これで持ち運びが更に楽になります。



さあ、今年も活躍してもらいましょう♪(笑)


スポンサーサイト

ダッシュボードマット Ver2 製作

3年前に製作したダッシュボードマット。



00DSC09548.jpg

チャチャッと二時間半で製作しちゃった物ですが、ラムースの色合いが薄くちょっと気に入らないでおりました。

まあ、せっかく作ったのだからと3年間使ってきましたが、日焼けによりラムースの色あせが酷くなってきたのでバージョン2の製作をしました。







01DSC06705.jpg

型を取り直して、今回はちゃんとベニヤ板で型板を製作。

型板を作っておけばいつでも同じ物を作り直せます。

気分を変えて違う色にしたい場合も型板があれば便利だしね。





02DSC06706.jpg

ホームセンターで買ってきたクッション材を型板通りに切り抜きます。






03DSC06709.jpg

切り抜いたクッション材にビニールレザーを貼り付け。

今回は色あせ対策でラムースでは無くビニールレザーにしました。






04DSC06716.jpg

裏側に巻き込んで貼り付け完了。








DSC06742.jpg


ところどころ両面テープを使ってダッシュボードに装着。

今回はグッと落ち着いた濃いダークブラウン色にしてみました。

写真を撮るのが日陰になっちゃったから色が分かり辛いけどね(^^;;

結構良い色ですよ。







DSC06766.jpg

フィッティングは概ね良い感じ。







DSC06756.jpg

メーターフードの局面部もピッタリと合いました。

下地に柔らかい素材を使うと、曲面部も上手く馴染んでフィットしてくれます。








DSC06752_20150222132134712.jpg


DSC06748.jpg


DSC06725.jpg


下地のクッション材の厚みが5mm位あり、ビニールレザーを巻き込んだ分厚みが増してインテリアパネルよりも厚くなってしまったけど、まあいいかな。

触り心地はなかなか良いです。






DSC06723.jpg

ver1よりシックで渋くなったと自分なりには満足です(笑)





ラゲッジトレイのリペア

もう少しでLinoも納車から4年が経ちます。

早いものですね。


4年も使用していると、自作した細かい部分も傷んで来るので、またまたリペア作業です。




01DSC09832_2015020817094500e.jpg

Linoが納車されて一番最初にDIY製作したのが、このラゲッジトレイです。

ラゲッジが二段で使用できて便利に使っていました。






02DSC06657.jpg

荷物をドンドコと積み降ろししていると、4年も経つとエッジも傷が多くなってきました。





03DSC06659.jpg

そこで今回はこのエッジの交換リペアであります。






06DSC06672.jpg

使用しているのはソフトエッジというもの。

断面はこの様な形状です。





04DSC06664.jpg

まずは古いエッジを取り外して接着面を綺麗にします。






05DSC06665.jpg

そして新しいソフトエッジを取り付けていきます。







07DSC06678.jpg

08DSC06697.jpg

新しいソフトエッジを一周回して出来上がり。

綺麗になりました。





09DSC06701.jpg

TOP面のタイルカーペットはさほど傷んではいないので貼り換えは必要無さそうでした。

エッジも綺麗になったし、まだまだ愛用出来るね。




フロアコンソールのリペア③

フロアコンソール本体のラムースも張り替えたので、ドリンクホルダーのリングも新しい物に交換します。




使うのはこちらの品物。



01_2015020322570882c.jpg

カーメイトのLED内蔵ドリンクホルダーです。


このドリンクホルダーを分解して流用していきます。



02DSC06573.jpg

03DSC06576.jpg

上部のリング部を取り外すと、メッキ仕上げのリングはプレートと一体成型となっています。

これを必要な部分のみカットして切り出していきます。


円形と四角いリングだけ、ポンと外れる訳ではないので面倒です。


底面の円形のLEDランプもやはり一体成型となっているので、円形のLED部分だけ残してカットして使用します。





04DSC06588.jpg

切り出したのがこちらの円形&角型リング。


これをフロアコンソール本体に接着して固定します。





05DSC06592.jpg

固定完了。


これでフロアコンソールのリペア作業は終了です。





06DSC06595.jpg

円形LEDランプの電源はシガーソケットプラグとなっています。

プラグ先端にON・OFFスイッチが付いているので便利です。






07DSC06599.jpg

Linoに装着してみます。


予定通り、センターコンソールとピッタリとツラが合うようになりました。






08DSC06653.jpg

ガタツキも無く、脱着もスムーズに出来ていい感じです。






09DSC066221.jpg

LEDランプも新品に交換したので綺麗な光に戻りました。




実は今までDIYしてきた中で、一番苦労して手間が掛ったのがこのフロアコンソールです。


寸法・形状・納まりが、全て型を取りながらの現物合わせでの製作でした。



 ◎ デザインもセンターコンソールと同じイメージにしたい。。。

 ◎ エンジンルームを開ける時には工具無で簡単に脱着したい。。。

 ◎ 市販品とは一味違う品物にしたい。。。



というのが製作時のテーマでありました。


概ね満足している品物であります。

特に、宙に浮いた様なデザインと、フロアコンソール上面の前後のR形状は、この品物の拘った部分です。

平らじゃ面白くないもんね(笑)



苦労して作った分愛着もあるので、リペアして使い続けたいと思った次第であります。






フロアコンソールのリペア②

MDF材のソフトレザー貼りが終わりました。



01DSC06586.jpg

このまま側板だけ交換して終わりでも良いのだけれど、せっかくなので全体的にリペアする事にしました。



と、いう事でフロアコンソールを分解していきます。

部材を全て外して、コンソール本体のラムースも剥がして糊跡を綺麗にしていきます。




02DSC06568.jpg

フロアコンソールは上記の部材で構成されています。








03DSC06571.jpg

コンソール本体に再度スプレー糊を吹いていきます。





04DSC06579.jpg

ラムースを貼って行きます。





05DSC06583.jpg

ラムース巻き込み完了。






06DSC06564.jpg

ドリンクホルダー部のLED照明です。

既製品のドリンクホルダーを分解して円形のLED照明を取り外し、木板に貼り付けて使用しています。

以前お茶をこぼしてしまい、運転席側のLEDが少し調子悪いので、この際LED照明も左右新品に交換します。


全てのパーツのリペアが終了したら組立てに入ります。


続く・・・。


プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 50歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 5歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。