スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキシュー交換

先日、Linoの車検時にフロントのブレーキパッドを交換しましたが、

DIXCELのホームページをよく見ていたら、リアのブレーキシューも発売されていたので交換しました。




s無題


取り付けたのはRGX type、フロントに取り付けたX typeとのバランスが良いようです。


RVランドさんに行く時間が取れなかったので、今回は家の近くのスーパーオートバックスにて取り付け。

車検の時に気が付いていれば一緒にお願いしちゃったんだけどね。



取付け後の感想は・・・


GTI にも負けてないんじゃない?(笑)


ますます気持ちよく止まれるようになりました♪


やはりブレーキは大事ですね。



スポンサーサイト

ブレーキーパッド交換

Linoの車検時にブレーキーパッドの交換をお願いしました。



s-IMG_1022.jpg


DIXCEL(ディクセル) ストリート用 X type という品物です。


Linoも納車後4年が経ち、走行距離も60,000キロ近くになりました。

最近ブレーキの効きが甘くなってきて、ブレーキペダルを踏んだ時のストローク(踏みしろ)も大きくなり、タッチも少しスポンジーな感じがしてきたのが気になっておりました。

RVランドさんに相談したところ、こちらの商品がお勧めとの事で交換をお願いしました。

ブレーキオイルも一緒に交換しています。



感触としてはとても良いです♪

ブレーキペダルを踏んだ時のしっかり感があり、踏み足さなくても一定の軽い踏力でスーっと止まってくれます。

制動力もいい感じですね。

重量のあるミニバンにはピッタリだと思います。



ブレーキがしっかりしてくれるだけでも、乗っていて更に楽しくなりますね。

ブレーキホースをステンレスメッシュタイプに交換すればもっとタッチに剛性感が出るのかもしれないけど、今の状態で満足です♪





タイヤ&ホイール交換

納車後三年を経て、やっとタイヤとホイールを交換しました。

悩んだ挙句、

ホイールはファブレス パンデミック LW-8 モノブロック ブラックポリッシュ 16インチ(6.5J) +38.0

タイヤはヨコハマ DNA map E340C  215/65R16 C 109/107S 

としました。


s-a0115050_2271454.jpg

17インチにしようかと最後まで悩みましたが、乗り心地を優先して16インチにしました。

装着した感想としては・・・。

16インチで正解でしょうか。

路面のゴツゴツは多少拾いますが、思っていたよりも静かで乗り心地も良かったです。

タイヤ変更に伴い、オーリンズショックの設定もワンクリック柔らか目に変更。

現在は満足のいくセッティングが出ているかと思います。

やっとホイールキャップから抜け出せました(笑)



何事もバランスが大事(車体姿勢)

Linoは4WDなので、納車時からフロントが上がりぎみの姿勢が気になっていたいました。

そこで以前、トーションバー調整によってフロントを20ミリ程下げて見た目のバランスを取っていました。

しかし、今回12SPX205の増設によりリアが少し下がった様に見えました。

(相変わらず寸法の計測はしていませんが(^_^;)

乗り心地重視でリーフも柔らかいコンフォートリーフTYPE 1に変えているからね。。。

やはり沈みやすいのかな。



DSC023281.jpg

って事で、車体姿勢を補正すべくUIビークルさんにやって来ました。




DSC02312.jpg

少し下がったリアに対してフロントをトーションバー調整にて10ミリ程下げてもらいます。




DSC02314.jpg

暑い中、上村店長さんが作業してくれました。

以前の調整と合わせて計30ミリ程フロントの車高を下げた事になるので、一つのパーツを追加取付けしてもらいました。




DSC02316.jpg

取付けたのは、4WD車ローダウン用スタビライザー固定ブラケットというパーツ。

【 ローダウンによるスタビライザーの角度を補正し、スタビライザー本来の機能を復元さすブラケット 】です。

【 4WD車にお乗りで、フロントを25mm以上下げている方には必須アイテム 】との事です。

ついでにリバウンドストップも替えました。




DSC02321.jpg

右が純正で左がスタビライザー固定ブラケットです。




DSC023331.jpg

バッチリ取り付け完了です。

フロントを少し下げた事により見た目のバランスもOK。


早速走って見ると・・・

スタビライザー固定ブラケットの効果にビックリ!

これ、凄く効きます^^

フロントは強化スタビライザーに替えていますが、初期の車の動きが更にグッと落ち着きました。

ステアリングの座りも良くなり、一番最初のグニャっとした動きが抑えられています。

なるほど、スタビライザー本来の機能を復元さす・・・とはこの事なんですね。

動き始めからスタビがバッチリ効いている感じがします。

これほど効くとは正直思っていなかったのでちょと嬉しい(笑)


ラ・クールを使いたいだけだったのに、サブバッテリーの増設→左右の重量バランス調整→前後の車体姿勢調整→スタビライザー固定ブラケット取付け・・・と芋づる式にやる事が(笑)

風が吹けば桶屋が儲かる・・・じゃないんだから(笑)

でもこれでやっとバランスが取れた感じですね。

走った感じも以前よりいい感じです。

ホント、何事もバランスが大事だね(^_^;)


足回りついて

Linoでは納車直後から乗り心地改善を試みて足回りの改良を行ってきました。

今までの経緯をまとめてみますと・・・。


【 納車直後のインプレッション 】

◎ 運転席 ・・・まあ予想通りの乗り心地。こんなものかなという印象。

◎ セカンド・・・何とか我慢出来るレベル。結構段差のショックを拾う。

◎ リア  ・・・全く話しにならない。
         バックミラーで見ると息子がピョコピョコ跳ねてる(笑)
         妻に運転してもらい後ろに乗ってみて我慢が出来ず足回りの改良を決意。


高速道路快適巡航速度 80km/h~90km/h・・・。



【 対策① 】

☆ フロント・リア ビルシュタインダンパーに交換。

☆ リア コンフォートリーフ タイプⅠに交換。

☆ フロント トーションバー調整により20mmダウン
s-09DSC06252.jpg


【 インプレッション① 】

リーフとダンパーの交換は乗り心地の改善に於いてとても効果的でした。

リアの突き上げがかなり解消され満足出来るレベルの乗り心地となりました。

友人の奥さんを乗せた時、『 前より凄く乗り心地が良くなったね♪ 』と言われ、

初めて乗った同僚は、『 ハイエースってこんなに乗り心地良かったんだ? 』と言う程。


高速道路快適巡航速度 +15km/h


* しかし、高速道路の走行に於いては相変わらず横揺れが凄い。



【 対策② 】

☆ フロント・リアにグランドエフェクターを取付け。


s-03DSC09260.jpg



【 インプレッション② 】

80km/h辺りから効果が出始め、100km/h~ではかなり体感できます。

車が自ら真っ直ぐ進んで行く様な感覚。

直進性が向上して高速道路運転が楽になりました。


高速道路快適巡航速度 +10km/h



*しかし、路面のうねりや横風などでの車体の横揺れはまだ収まらない。。。




【 対策③ 】

これでダメなら諦めるさ、という思いで強化スタビに交換&リアスタビを取り付け。

目指すは横揺れの解消。


☆ フロント ディーキャトロ強化スタビライザーに交換 & バンプストップ交換。

☆ リア   クスコ製 スタビライザー取付け & バンプストップ交換。

05DSC01929.jpg

03DSC01923.jpg


【 インプレッション③ 】

交換後、ショップを出て直ぐに挙動の変化に気が付きました。

???ハンドルが少し重くなったか?

車の剛性感が高まったかの様な印象を受けました。


一つ目の信号を右折する時・・・。

今までは右折信号で止まっていて発進する時に左フロントがグニャっと沈んでから曲がっていました。

それがロールせずにスッとフロントが動き出していきます。


街中では若干サスのバネレートが上がったかの様な感覚があります。

早い話しが少し乗り心地が硬くなった印象。

ほんの僅かだけどね。

しかし決してゴツゴツする様になった訳では無く、車の剛性が上がったような感じです。

不快な揺れが無くなったので全体的には乗り心地は良くなったと言えます。


操安性としては極めてフラット。


高速道走行では激変です。

あのグニャっとした横揺れが殆ど収まりました。

これは凄い!

今までは路面のうねりや横風に対しグォン、グォンと車体が泳ぐような動きでしたが、

終始フラットな感覚。

横風に煽られてもスッとフラットなまま水平に動く感じです。

嬉しいのがハンドル中立付近でのしっかり感。

直進性も抜群に良くなりました。


高速走行時での乗り心地には変化を感じませんでした。

路面の継ぎ目や段差でも硬くなった印象はありません。

段差を越えても、タンッと一発で揺れが収まるので安心感が抜群です。


試しに少し飛ばしてエンジンが唸っているような速度でも片手をハンドルに添えているだけで安定して真っ直ぐ走ってくれました。

100km/hでは指一本ハンドルに触っていれば充分。

80km/hではハンドルに触っていなくてもOK(笑)

ちょっと大げさかな(笑) 新東名だったからね。


一番効果を感じたのが、インターチェンジでの深く回り込んだ下りの長いコーナー。

いままではグニャ~っとロールして大回りしそうな走りでしたが、ロールが抑えられ車体をフラットに保ち曲がって行きます。

ガンガンアクセルを踏みながら曲がっていける足になった感じです(笑)



フロントとリアを一緒に変えてしまったので各々の効果が分かり辛いのですが、フロントの動きに対してリアが遅れる事無くスムーズについて来るので前後の相性は良いのだと思います。

街中で少しだけ硬くなった印象も後ろに大勢乗せた時にはまた違う印象かもしれません。


総じて言うと、あのドンガラの巨大ボディが良く走れる足回りになったな、という所です(笑)


ちなみに・・・タイヤの空気圧は フロント 3.5、 リア 3.25 に設定しています。


高速道路快適巡航速度 +20km/h






【 今後の対策 】

現状の足回りで全く持って充分だと思えますが、欲を言うならば・・・。

① ショックを減衰力調整式に変えてみたい。

  フロントを今より少しだけ柔らかく調整できればバッチリかも。

② 16インチの乗り心地の良いタイヤに替えてみたい。

   理想はレグノ。ロードインデックスの問題はあるけど・・・。



また一から小遣いを貯めなくてはいけないので来年以降の作業となるでしょう。

飽くなき乗り心地改善への探求は続く・・・かもしれません(笑)


----------------------------------------------------------------

 【 追記 】 

ショックアブソーバーをビルシュタインからオーリンズに変更しました。

オーリンズの乗り心地の良さにビックリです。

ビルシュタインで感じていた路面の小さな凹凸でのコツコツとした当たりが無くなりました。

20段階の減衰調整機構はダテではありません。


標準よりも弱めていますが、フワフワし過ぎる事も無くともて良い感じです。

最初からオーリンズを入れておけば良かったな。。。



----------------------------------------------------------------

 【 追記② 】 

フロントをトーションバー調整により更に10mm下げ。

トータルで30mm落としとなったので、スタビライザー固定ブラケットを取付け。

初期の車の動きが更にグッと落ち着きました。

ステアリングの座りも良くなり、一番最初のグニャっとした動きが抑えられています。


現在のオーリンズのセッティングは、

 フロント 最強から7段戻し (標準7段戻し)

 リア   最強から8段戻し(標準7段戻し)

に落ち着いています。



プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 6歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。