スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一生物のバイク

気が付くとずいぶん長いことブログを放置しておりました(^^;

7月からちょっと熱中してやっていた事がありまして。

Linoをイジる余裕も、ブログを書く余裕もありませんでした。

その話しはまたいずれ。




まもなく迎える50歳を機に思い切ってバイクライフを変えてみる決心をしました。


私は物に対して思い入れが強過ぎる人間なので、一度手にした物はなかなか手放せません。
(VEZEL除く・・・笑)

オートバイも同じで、走ってきた事全てが良い想い出で、走った分以上に綺麗に磨きこんでやりました。

そんな愛機を手放すのは寂しいのですが、これからの人生どうしても乗りたくなったバイクが現れてしまいました。

複数所有の維持費等、経済的な問題も理由の一つです。





今回手放す決心をしたのは・・・。


01DSC06196_20151104102651a57.jpg

1999年式 HONDA CB1300SF 

最初に購入した大型バイクで、16年間大事にしてきました。

とても乗り易く、エンジンの力強さと相まって大型バイクを操っている醍醐味が十分に味わえます。

乗り易過ぎるが故に『面白くない』、『バカちょんバイク』などと言われたりもしますが、バイクの基本を叩き込むには最高のバイクです。

隅々までピカピカで、正にコンクールコンディション。

ホンダコレクションホールに展示して欲しい位です(笑)



そしてもう一台。

01DSC084871_201511041026513a1.jpg

2004年式 BMW K1200GT

ツーリング専用として11年間所有。

Linoを購入して以来出番が無くなってしまいましたが、Lino購入以前はコイツで日本各地を走りまくりました。

『 癒しK 』とも言われる縦型エンジンは最高のフィーリング。

極低速ではガシャガシャとやかましいエンジンが、高速道路では振動も無くまったりとそして力強く走ります。

最高のツーリングバイクです。



この2台はとても重量級バイクで、CB1300SFは車重273kg、K1200GTに至っては300kg以上あります。

そりゃ~もう押して動かすだけで大変ですよ(笑)

倒れても起こせますけどね。


身体が小柄な分、股下で大きなバイクを操る感覚が大好きで、あえてデカイバイクを選んで乗っていました。

しかしながら、20歳の時にバイク事故で痛めた左手(手術4回)の後遺症により、現在左肘・左肩にまで痛みが出てきてしまっています。

なので、軽くて気軽に乗れて新たなバイクライフへと導いてくれる様なバイクを探しておりました。



そんな時にふとネットで目にしたのが下記のバイクです。




s-961①

ノートン コマンド 961 Sport 

知ってる人少ないでしょ(笑)

英国のノートンです。




s-961②

s-961④

961cc二気筒エンジン。

クラシックなデザインに、脚回りは前後オーリンズサスにブレンボのブレーキ。


練馬区にディーラーがあるので早速見に行って来ました。



s-IMG_1409.jpg

これぞ正に一生物のバイク。。。

そんな感じをビンビンに受けました。



決めた、50代はコイツで走ろう。。。。


最後のバイクはこれしか無い。。。



直感です(笑)



しかしながら車両価格が物凄い。

さすが英国車(^^;


2台の売却は決めたものの、そう簡単には購入出来ません。

Linoのローンも3年少々残ってるし・・・。

しかしLinoにはもう改造費は掛からなさそうなので、小遣いで長期ローンを組めば何とかなるか。。。

あとは優しい奥方の融資を期待しましょう(笑)







s-961③

こいつがどんなバイクライフを味わわせてくれるか楽しみです。


スポンサーサイト

久しぶりにバイク屋に行って・・・

妻の50ccのスクーターに乗っている次男が、「あのスクーター遅すぎるから何とかならない?・・・」と。

確かに妻用のDioチェスタは、女性用でお買物カゴが付いていたり、出足が穏やかなセッティングになっているようで、はっきり言って遅いバイクでありました。

それでは今はどんなスクーターがあるのか近所のヤマハのショップに出掛けてみました。



01P1050229.jpg

ヤマハというとやはりジョグでしょうか。


02P1050230.jpg

こんなスポーティな特別バージョンもありました。

カッコ良いね。

お値段約20万円也。

高いですね・・・(^_^;)

それでも今は全て4サイクルエンジンなので、どれもそんなに速さは違わないらしいです。

昔の2サイクルは50ccでも速かったんだけどね。



03P1050228.jpg

20万円も出すならこちらの125ccの方が絶対にいいと思う。

お値段21万5000円。

法定速度も車と同じだし、二人乗りも出来て、ファミリー特約保険でOK。

サイズは50ccと殆ど変わりません。

小型二輪免許は取らなくちゃいけないけどね。

でもどうせ免許を取るなら、普通自動二輪の免許を取って俺のフォルツァに乗ればいいじゃん?

新しいスクーター買うお金の半分ちょいで免許が取れるんだからね。

って事で、新しいバイクを買うのは勿体無いと結論(笑)

息子用のバイク探しは10分で終わったのでした(笑)



せっかくやって来たので、店内のバイクを見て回ると・・・

一台のカッコ良いバイクを発見。



04P1050214.jpg

新しいTMAX530でした。

最近バイク雑誌を全然買っていなかったので知りませんでした。

マットなボディカラーが目茶苦茶カッコ良いじゃないですか♪

エッジの効いたデザインもガンダムの様で未来的(笑)

ガンダム知らないけどね(笑)




05P1050215.jpg

トップケースもついていて積載量もバッチリ。

マフラーも迫力あるね。



07P1050218.jpg

お値段は約100万也・・・。

結構するね。



08P1050212.jpg

メーターなんかもガンダムチック。

いや、バカボンに出てくるおまわりさんの目みたい(笑)



09P1050211.jpg

オプションパーツらしいけど、このコンフォートシートは柔らかくて座り心地もOK。

デザインもいいね。

ちなみに私が座ると腰がバックレストまで届きません(^_^;)




10P1050220.jpg

夜は真っ赤にメーターが光ります。

昔乗っていたアテンザみたい。


第一印象でこの迫力が気に入り、思わず契約書にサインしちゃおうかと思ったけ、そこは落ち着いてまずは試乗から(笑)

パッと見の第一印象だけで100万円の買い物はとてもできません(^_^;)

んで、周りを一周試乗させてもらいました。


試乗して決意しました・・・。







これ、いらない・・・。





試乗しての印象は、

◎ とにかく小さく・軽く感じられ、車の動き出しがスッと俊敏です。

◎ 車体がしっかりしていて安定感バツグン。

◎ 乗り心地は少し固めだけど、しなやかでゴツゴツ感は無し。

◎ ブレーキが素晴らしい。タッチ・効き共にいい感じ。


と、いい感じなのだけど、一番重要である「走っている時のフィーリング」が合いませんでした。・・・。

言葉にするのは難しいんだけど、エンジンの回転上昇フィーリング、スタート〜70キロまでの一番常用する速度域での走行フィーリングが合いませんでした。

ずっとエンジンが4000回転くらい回っていて、そのエンジン音もせわしない感じです。

長距離ツーリングはキツそうだね。

これではK1200GTの代わりにはなり得ない。

車体はスポーティで素晴らしいけど、走行フィーリングはスクーターそのままです。

しかも街中常用使用域では、フォルツァの方が遅いけど乗りやすいですね。

形も車体も素晴らしいのに残念だ・・・。

多分このバイクの良さは、峠道に行かないと味わえないのかもね。

峠に行ったら、ヒラヒラとK1200GTより速く走れんじゃないかな。

私の使用状況にはTMAXの良さがマッチしませんでした。



と言う事で、息子用のスクーター探しは10分で終わったのに、その後1時間以上バイク屋にいました(笑)





原点回帰

風が気持ち良く、バイクに一番良い季節となってきました。

台風一過の青空の下、ここ数日フォルツァ(250ccスクーター)で通勤しています。

バイクに乗っていると、もう秋を感じますね。


s-01_20130918142554705.jpg



たまにはツーリングにでも、と思いますが、現在の愛車達の状況は・・・。

 
 ◎ CB1300SF  ・・・・車検切れ
 ◎ K1200GT   ・・・・車検切れ
 ◎ CBR600FS ・・・・保安部品無し(サーキット専用)
 ◎ フォルツァ   ・・・・出動可能
 ◎ Dioチェスタ ・・・・出動可能(妻のスクーター)

と言った具合で、スクーターしか動かせない状況です(^^;

フォルツァは完全実用重視仕様となっていまして、


s-76.jpg

夏はメッシュシートカバーでお尻がス~ス~と気持ち良く、




107.jpg

冬はロングスクリーン&サイドバイザー&ハンドルカバーで風を避けて、


91.jpg

ヘラーソケット取り付けにより電熱ベストが使用できて温く温くであります。



108.jpg

ETCも取り付けてあるので中距離までなら充分に使用でます。
(長距離は流石にチト辛い)


しかし、久しぶりにフォルツァを使って見て思うのは、やはり大きすぎず軽くて小回りが利くのはいいな、と言う事。

持て余す事が無いので、ただ単に乗っていて楽しいという事です。



改めて考えると、この『ただ単に乗っていて楽しい』という事が非常に重要だと思えます。

私は身長が低いので、車やバイクは昔からやたらと大きいものに憧れる癖がありました。

チビでも大きなバイクを自由自在に操れるんだぞと(笑)

CB1300SFも大柄な車体で、K1200GTに至っては車体重量も300kgを越し、押し引きすら大変です。

その分、高速道路を使って遠出すると絶大なる安定感と安心感で何処までも走り続けていられます。

1日のツーリングの走行距離が500kmではまったく物足りない位。。。

しかし、このデカいバイクで出掛けるには、しっかりとしたバイクジャケット・ライディングパンツ・グローブ・シューズと一通りの装備が必要となります。

必要・・・という訳ではないのかもしれないけど、やはり安全の為にしっかりとした装備をして出掛けます。



それがですね、段々と重荷というか億劫になってくるのですよ(^^;

バイクってこうだったかな~?

バイクってもっと気軽なものだったんじゃないのかな~?

と、自問が始まりました。

ここ数年、全く走らなくなってしまったのはLinoを購入した事だけでなくこんな感じもし始めていたんですね。

そして、久しぶりに小さいバイクで出掛けると『ただ単に乗っていて楽しい』という事を思い出させてくれます。

決してデカいバイクが『楽しくない』のでは無く、小さなバイクは『気軽に楽しい』って事なんですけどね。

もちろんデカいバイクを乗りこなしてきた自信もあります←自信過剰(笑)


16歳で学校に内緒で免許を取り兄貴のバイクに乗り始め、ライディングの事など何も知らず又考えず乗っていたあの頃。

50ccで友人とわいわいガヤガヤと一般道で房総半島を一周廻った初ツーリング。

あの頃のバイクはまさに『ただ単に乗っていて楽しい』だったですね。

若かったからね(笑)

それに大きなバイクに乗ってると、正直カッコつけちゃうところあるし(笑)



よくよく考えて見ると、今まで乗ってきたバイクの中で一番楽しく自分に合っていたバイクというのは、

XV16.jpg

これかもしれないね。

ビラーゴ250というバイクです。

このバイクを買ったきっかけは、社員旅行で宮古島に行った時に、仲間とレンタルバイクを借りて7~8台で島を一周した事です。

私は250ccのアメリカンバイクを借りて走ったのだけど、メチャ楽しかったのです。。

海パンにTシャツでトコトコ走り、綺麗な海辺を見つけてはそのままドボン。

走っているうちに乾いてきて、また次の海辺でドボン。

綺麗な海岸線を眺めながらバイクを走らせているのは最高に楽しかったです。

今まで250ccとかアメリカンタイプのバイクには全く興味が無かったけど、何にもカッコつけず、気軽にトコトコ走れる楽チンさは『ただ単に乗っていて楽しい』でありました。

もちろん、宮古島というロケーションに依るところが大きかったんだけどね(笑)

そんな事もあり、旅行から帰って直ぐに中古車を探してこのビラーゴを購入したのでした。


ビラーゴは街中でも楽しく、アクセル目いっぱい回しても速くないし、両足がべたっと付いて動かせる軽さは最高でした。

7年落ちを購入して4年間乗りましたが、不調になり現在のフォルツァに乗り換えました。

今でもまた購入してみたいバイクNO.1であります。


そんなこんなで、大きいバイクで走って来たけど、小さく軽く・気軽に振り回せるのがバイクの楽しさの原点かな?と再確認しております。

キャンピングカーも、今はハイエースのスーパーロングに乗っていてハイマー等のデカい車に憧れているけど、歳を取って自分一人での遊びだったら、もしかしたら軽キャンが一番機動力があって良いのかもしれないね。


でも小さい物の良さを感じるには、一度デカいのにも乗ってみなきゃね(笑)← そこかい(^^;


たまにはバイクでも③

GWは5月3~6日が休みでしたが、星空を見に行った以外は近場をウロウロとしていました。

GW最終日の今日は近くの公園に凛&麗のお散歩に出掛けた後、バイクを引っ張り出してエンジンを掛けやりました。

01DSC084871.jpg

本日引っ張り出したのはK1200GT。

最高のツーリングバイクだと思っています。

300kgオーバーの車体は重いけどね(^_^;)

今年頭、GTの車検を取るかLinoにFFヒーターを取り付けるかを悩んだ挙句、FFヒーターを取り付け。

現在は車検切れで出動出来ず。

持ってるバイク全部車検切れだね(笑)




02DSC085131.jpg


K1200GTの紹介を少々。

優れたウィンドプロテクション性能により、身長の低い私では走行中殆ど風が当たりません。

100キロで走っていても160キロで走っていても、流れる景色のスピードが違うだけで体感的なスピード感はあまり違いません。

高速道路は本当に快適の一言。

ただ風が当たらないので夏は暑くて大変です。

冬に快適なバイクですね(笑)






03DSC084901.jpg

ナビ&ETC搭載。

ヘルメットに仕込んだスピーカーでナビのMP3音楽を聞くことが出来ます。

お気に入りの音楽を聴きながら快適クルージングが可能。

オートクルーズ、シートヒーター、グリップヒーターとLinoにも付いていない機能満載です(笑)

パニアケース&トップケースの取り付けで荷物も結構積めます。

ヘタな車よりよっぽど快適に旅ができますね(笑)



04DSC08498.jpg

納車時は紺色一色のボディのでしたが、DIYでボディラインを入れました。





05DSC08504.jpg

フロントフェンダーからトップケースまで入れています。




06DSC08493.jpg

ホイールには自作のリムステッカーでお化粧。



07DSC08507.jpg

前後サスはLinoと同じくオーリンズに換装。



08DSC08528.jpg

ヘルメットはGT専用に自分でペイント。

バイクのラインはカッティングシートで入れていますが、ヘルメットでは全てペイントしています。




09DSC08534.jpg

車体の色とラインに合わせてデザイン・ペイントしました。




10_20130506151926.jpg

このバイクでは7年間色々なところに旅してきました。

(購入してから9年だけど、Linoが来てから走っていないので(^^;)




11_20130506151925.jpg

半日で500km〜600km、丸一日だと800km〜1000km走れてしまうバイクです。





12_20130506151925.jpg


13_20130506152022.jpg


14_20130506152022.jpg

走る時はいつも一人。

好きなことをする時間は一人きりがいいのです。

これはLinoでも変わってないね(笑)



15_20130506152021.jpg

松島に行った時はこの写真が撮りたくて一人で遊覧船に乗りに出掛けて来ました(笑)




16_20130506152021.jpg

素敵な景色を沢山見に連れて行ってくれた相棒ですが、今は少しガレージでお休みです。

GTだと星空撮影には行けないので。。。


GW中も沢山のツーリングバイクを見かけました。

またウズウズし始めたらこいつで素敵な景色を見に走りに出掛けるかな。


たまにはバイクでも②

仕事が余りにも忙しくヘトヘトなので日曜日も出掛ける気になりません。

昨夜も健康ランドに行き90分マッサージにあたってきました。

ヒマな時期と忙しい時期で、平気で仕事量が3倍違う業界はなんとかして欲しい・・・。


本当は凛と麗を連れてドッグランにでも出かけようと思ったけど、風も強く寒かったので結局家でまったりです(^^;)


久しぶりにガレージで眠っているCBR600FSを引っ張りだしエンジンだけ掛けてやりました。


01_20130224144142.jpg

もうかなり古い型で、´01年型のCBRです。





02_20130224144141.jpg

保安部品は全て取り外しレーサーカウルに換装。

タンク以外のペイントは自分で行いました。





03_20130224144140.jpg

04_20130224144140.jpg

前回走らせたのは5年前なのにバッテリーを繋ぐと一発でエンジンが掛かりました。

さすがインジェクションだね。キャブ車だとこうはいきません。

エンジンも軽やかにいい音出してました♪

また走りたくなっちゃうね。


このバイクで一生懸命走っていたのはもう10年も前になるでしょうか。

息子達も大きくなってきてやっとバイクに戻れた頃でした。


懐かしい写真など(笑)


05_20130224144139.jpg

06_20130224144138.jpg

07_20130224144259.jpg




08_20130224144259.jpg

調子にのるとこんな事も度々(笑)




09_20130224144258.jpg

10_20130224144257.jpg

ヘルメットもサーキット用にと派手目に自分でペイント。

初めてエアブラシに挑戦したヘルメットだったでしょうか。




11_20130224144257.jpg

いまではガレージで置物として鎮座しています。

売っても二束三文だし、車検も保険も全て切ってあるので維持費はゼロだしね。

エンジン掛けたら久しぶりに乗りたくなっちゃったけど、身体が動かないでしょうね(^^;)


昔の走行動画です。興味のある方はどうぞ。

  ①2003年 ベストタイムの時かな?

  ②2007年 ライパ 

  ③2008年 ライパ 


プロフィール

☆ hideki ☆

Author:☆ hideki ☆
1965年生 51歳 埼玉県南部

◇ 凛(チワワ 享年7歳 )
◇ 麗(チワワ 5歳 )

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。